MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

「カレーノトリコ」は2014年のオープンから、連日行列を作る人気店だ。ここでしか食べられないオリジナリティあふれるカレーは2種類を用意。[交]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム

カレーノトリコ(最寄駅:秋葉原駅)

たっぷりの香味野菜をスパイスと共に煮込んだ「インド風カレー」は、スープのようなサラリとした口当たり。そこにサラダ油でマスタードシードやカレーリーフ、鷹の爪、クミンをじっくりと炒めて香りを移した“スパイス油”を注文後に1人前ずつ合わせることで、鮮烈な香りが口に広がる。最後にたっぷりのカスリメティ(フェヌグリークの葉)をふりかけ、爽やかな香りと風味をプラス。 「牛すじドライカレー」は下茹でしてペースト状にした牛スジ肉に粗挽きの牛肉と豚肉を加え、旨みを全面に押し出した濃厚な仕上がり。「あいがけカレー」は味わいの異なる両者が皿の中で出会って引き立て合うことで、また新たな美味しさが生まれる逸品だ。

あいがけカレー
1200円

ご飯の上に盛りつけられているのが「牛すじドライカレー」で、濃厚な旨みが特徴。こんにゃくを加えることで、食感に変化をつけている。別々に食べるのもいいが、「インド風カレー」と混ぜながらいただくのもオススメだ

インド風カレー野菜
950円(+チキントッピング150円)

具は写真の野菜の他に、インド豆、チキン、エビなどから選べる。具の追加は1品150円。野菜は素揚げし、カレースープがしっかりとしみ込んでいる。チキンはたっぷりの油で揚げ焼きに。肉汁をとじこめカリッとしてジューシー

隠し味に醤油などの和の調味料を加えているため、スパイスの香りが際立つ中にも、どこか日本人の舌になじむ味わいだ。辛さは10段階から選べる

[その他のメニュー]
ライス大盛り+50円、ルー大盛り+150円、大盛り+200円 インド風カレーの具の追加は1品+150円

カレーノトリコ

[住所]東京都千代田区神田鍛冶町3-5 一八ビル 1F ☎非掲載 
[営業時間]11時〜14時、18時〜21時(売り切れ次第終了) 
[休日]日 
[席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか神田駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 非掲載
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt