MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)

「カレーノトリコ」は2014年のオープンから、連日行列を作る人気店だ。ここでしか食べられないオリジナリティあふれるカレーは2種類を用意。[交]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム

perm_media 《画像ギャラリー》カレーノトリコ|濃厚牛スジと香り高いスープカレーが織りなす美味(カレー/秋葉原)の画像をチェック! navigate_next

カレーノトリコ(最寄駅:秋葉原駅)

たっぷりの香味野菜をスパイスと共に煮込んだ「インド風カレー」は、スープのようなサラリとした口当たり。そこにサラダ油でマスタードシードやカレーリーフ、鷹の爪、クミンをじっくりと炒めて香りを移した“スパイス油”を注文後に1人前ずつ合わせることで、鮮烈な香りが口に広がる。最後にたっぷりのカスリメティ(フェヌグリークの葉)をふりかけ、爽やかな香りと風味をプラス。 「牛すじドライカレー」は下茹でしてペースト状にした牛スジ肉に粗挽きの牛肉と豚肉を加え、旨みを全面に押し出した濃厚な仕上がり。「あいがけカレー」は味わいの異なる両者が皿の中で出会って引き立て合うことで、また新たな美味しさが生まれる逸品だ。

あいがけカレー
1200円

ご飯の上に盛りつけられているのが「牛すじドライカレー」で、濃厚な旨みが特徴。こんにゃくを加えることで、食感に変化をつけている。別々に食べるのもいいが、「インド風カレー」と混ぜながらいただくのもオススメだ

インド風カレー野菜
950円(+チキントッピング150円)

具は写真の野菜の他に、インド豆、チキン、エビなどから選べる。具の追加は1品150円。野菜は素揚げし、カレースープがしっかりとしみ込んでいる。チキンはたっぷりの油で揚げ焼きに。肉汁をとじこめカリッとしてジューシー

隠し味に醤油などの和の調味料を加えているため、スパイスの香りが際立つ中にも、どこか日本人の舌になじむ味わいだ。辛さは10段階から選べる

[その他のメニュー]
ライス大盛り+50円、ルー大盛り+150円、大盛り+200円 インド風カレーの具の追加は1品+150円

カレーノトリコ

[住所]東京都千代田区神田鍛冶町3-5 一八ビル 1F ☎非掲載 
[営業時間]11時〜14時、18時〜21時(売り切れ次第終了) 
[休日]日 
[席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか神田駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 非掲載
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル