MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ハブモアカレー(カレー/表参道)|旬の野菜がたっぷり食べられる“インド飯”!

ハブモアカレー(カレー/表参道)|旬の野菜がたっぷり食べられる“インド飯”!

豊島区要町で約月2回昼のみ間借り営業し、スパイスマニアたちを唸らせていた「ハブモアカレー」が昨年10月、表参道に店を構えた。メニューは日替わりの「カレープレート」のみで、2種類のカレーと3種類の付け合わせから構成される。[交]地下鉄銀座線ほか表参道駅B2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ハブモアカレー(カレー/表参道)|旬の野菜がたっぷり食べられる“インド飯”!の画像をチェック! navigate_next

ハブモアカレー 野菜とスパイスとインド飯(最寄駅:表参道駅)

インドの定食・ミールスにヒントを受けており、まず単品で味わったらしっかり混ぜて楽しむのがおすすめ。スパイスと素材の相乗効果で、幾重にも広がる味わいが堪能できるはず。野菜は店主が信頼する農家から直送されるもので、その個性と旨みをスパイスで引き出す手腕からは、食材そのものへの愛情も感じられる。付け合わせは5種類ほどから選択するが、追加料金でプラスすることもできる。インドや東南アジアなどのローカルフードを食べているような楽しさがある上、ひと皿ひと皿すべて味付けや食感が異なるような工夫が凝らされている。黄色が鮮やかなターメリックライスの香りも魅惑的だ。

カレープレート
1280円

旬の野菜を堪能できるのがうれしい。「きみひめ」とはトウモロコシの品種でレンズ豆のカレー・ダルの中にたっぷり入る。付け合わせの追加は一品につき150円。辛味ソースは無料。「ベジプレート」も可能だ。スパイスは極力店でローストし、ブレンドされる

好みのカレーをターメリックライスにのせるとまるでパレットのよう。よーく混ぜると、味も色彩も無限大に広がる

「この野菜、何?」と思ったら、
聞いてください


店で扱う野菜は、市場にはなかなか出回らないような珍しいものが多く、ワクワク感も高まる。この日届いていた野菜の一部で、右下から時計回りで、炒めたり、グリルがおすすめのかぼちゃのつる、バターナッツかぼちゃの若いものであるキャロウナッツ、白ズッキーニ、パプリカ 

[その他のメニュー]
チャツネ70円、付け合わせの追加1品150円、ハーブティー100円、レモネード(ホット・アイス)450円

ハブモアカレー 野菜とスパイスとインド飯

[住所]東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山 地下1階 [TEL]03-3407-7001 [営業時間]11時半~20時半(20時LO) [休日]無休(年末年始を除く) [座席]カウンター8席、2席×3卓、3席×1卓 最大20席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線ほか表参道駅B2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3407-7001
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル