MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
タンドール バルカマルプール|酒も料理もスパイス弾ける本格インド酒場(インド料理/木場)

タンドール バルカマルプール|酒も料理もスパイス弾ける本格インド酒場(インド料理/木場)

クミンが香るラムをガブリとやったら、すかさずスパイスが利いたサングリアをごくり。うーん、たまらない! ここは、タンドリーチキンを作る“タンドール窯”を駆使して、インド人もびっくりな料理を生み出す、魅惑のタンドールバル。※ランチタイムあり

タンドール バルカマルプール(最寄駅:木場駅)

カレー&酒好きの間では、夢のような場所として知られている。 店主の北村さんは名店『ダバインディア』の元マネージャーで、インド人コックと共に名作料理を次々と生み出す達人だ。 ベースは本格的なインド料理ながらも、メニューは「ゴルゴンゾーラクルチャ」のように、ひとひねり加えた独創的かつスパイシー系。「スパイスを楽しむ店です」と北村さん。芳しいサングリアやパクチー入りのビールなど、表情豊かなドリンクにもハマりそうだ。まかないから生まれた「鯖カレー」は、コックさんのホームメイドスタイルでさっぱり夏向きの味わい。

仔羊ミックス
1180円

自家製サングリア
700円

「ラムのクミン焼き」とエキゾチックなメースの香り漂う「王様のラム」の盛り合わせ。カシューナッツや生クリームを使った「王様のラム」はリッチでまろやか。エキゾチックなスパイスが利いたサングリアとも相性がいい

ゴルゴンゾーラクルチャ
750円

生地にゴルゴンゾーラチーズを詰めて焼いた人気メニュー。とろりと伸びるチーズがたまらない。上からかけたハチミツの甘さがゴルゴンゾーラを引き立てる

インドワイン(ボトル)
3100円~

カマルビア
580円

インドワインはボトル3100円~で赤、白、スパークリングあり。パクチー、レモン、氷入りの「カマルビア」580円

名物 鯖カレー
1200円

サラサラ系のカレーはトマトの酸味と鯖の風味がアクセントになっている。ターメリックを使ったイエローライスと一緒に味わいたい

タンドール バルカマルプール

[住所]東京都江東区東陽3-20-9 鈴木ビル1F [TEL]03-5633-5966 [営業時間]11時半~14時LO、17時~22時LO [休日]年末年始 [席]カウンター7席、テーブル14席、計21席/喫煙(ランチは禁煙)/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線木場駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-5633-5966
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ヘルシーかつスパイシーな南インド料理を日本に定着させた立役者のひとつである同店が、さらなる挑戦に挑んでいる。南インドを中心とした伝統的なインド料理に、フレンチや和食、中東など世界各地の食の技法や食材をミックス。
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt