MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
職人館|季節の素材を盛り込んだ目にも楽しい山里の彩り料理(レストラン/佐久)

職人館|季節の素材を盛り込んだ目にも楽しい山里の彩り料理(レストラン/佐久)

「農家レストラン」の草分け的存在で、有名レストランのシェフたちからも一目置かれている「職人館」は20年以上も前から、この場所で野山の恵みを美しい料理に仕立てて提供している。料理はイタリアンやフレンチ、和の要素を融合させた田舎風。 ※ランチタイム有

職人館(最寄駅:佐久平駅)

「畑との相談メニューだから、何ができるか分からない」と話す店主の言葉どおり、コース仕立ての料理は、その日に畑から届いた食材を見て即興で決められる。野菜や果物、きのこといった素材のほか、季節の花々を随所に散らし、華やかに盛り付けるのが同店流だ。無農薬にこだわる野菜や米、蕎麦粉などの素材は、どれも地元産。「目に見えないものこそきちんとしたものを使いたい」と、味噌や醤油、塩といった調味料も特注を貫く。どの料理も素材の味を引き立てる絶妙な味付けが印象的。ひと口食べるごとに、しみじみと滋味が伝わってくる。

館主の野遊び膳
¥3780

野菜たっぷりの日替わりサラダや、濃い目のダシをベースに塩とパルミジャーノ•レッジャーノで味を調えた具だくさんのリゾットなど、どの皿にも山里の素材がふんだんに盛り込まれている

職人館

長野県佐久市春日3250-3 ☎0267-52-2010 [営]11時半~15時 ※ディナー(17時~)は予約のみ [休]水•木(祝•GW•8月は営業) [席]テーブル4席×4卓、長テーブル10席 計26席 全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]長野新幹線「佐久平」駅より車で30分 クルマ関越自動車道~上信越自動車道~中部横断自動車道〜「佐久南」ICから約20分

電話番号 0267-52-2010
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
長らく白飯至上主義のおっさん女子であったが、最近、食パンに対する愛もちょっと芽生えてきた……。 はい、結論から先に言いましょう。練り込み系食パンは、『Cベーカリー』で買うべし! 吉祥寺東急デパートの通称デパサンにあるパン屋さんです。
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt