MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寺田屋 本店(居酒屋/大名)|旬の素材を活かした“直球勝負”と郷土料理に感動

寺田屋 本店(居酒屋/大名)|旬の素材を活かした“直球勝負”と郷土料理に感動

若者が多く行き交うエリアの路地奥にある居酒屋。ガラガラッと戸を開けると一軒家の趣。

perm_media 《画像ギャラリー》寺田屋 本店(居酒屋/大名)|旬の素材を活かした“直球勝負”と郷土料理に感動の画像をチェック! navigate_next

寺田屋 本店(最寄駅:福岡天神駅)

L字カウンターは掘りごたつになっていて、目の前のショーケースにはその日仕入れた魚介や野菜が並ぶ。刺身でも焼きでも、要望に応じて対応。個人店だからこそできるサービスです、と店主の小田将義さんは胸を張る。毎日手書きするメニュー表の値段が書かれていないのはご愛嬌。良心的な価格なので会計時に驚くだろう。2階は個室が2部屋あり。しっとり呑むならこちらがおすすめだ。

ゴマサバ
900円

主に五島産のサバを使った「ゴマサバ」は、ゴマと九州の甘いたまり醤油で和えた一品。醤油が加わることでコクが出て甘みが増す。ねっとりとした食感もよく、酒が進む。

日本酒 徳利
500円〜

有明まじゃく
800円

シャコのように殻ごと食べられる

寺田屋 本店

■『寺田屋 本店』
[住所]福岡県福岡市中央区大名1-11-29-6
[TEL]092-761-4554
[営業時間]18時〜24時
[休日]不定休
[座席]全24席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ500円
[アクセス]西鉄福岡(天神)駅北口から徒歩5分

電話番号 092-761-4554
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル