MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和醸良酒 ぺし(旧店名:炉端ぺし)|毎週月曜のメンズDAYを狙うべし!(居酒屋/人形町)

和醸良酒 ぺし(旧店名:炉端ぺし)|毎週月曜のメンズDAYを狙うべし!(居酒屋/人形町)

 唎酒師の資格を持つ店長・中村典嗣さんがとりわけ力を入れるのは燗酒だ。それぞれの酒に適した温度で丁寧に燗をつけることで、米の旨みや香りが一段と華開く。

日本酒バル 炉端ぺし(最寄駅:人形町駅)

また、これからの季節は店長が蔵元へ足を運び、タンクから直汲み&ブレンドした、この店でしか飲めない酒も楽しめるのだ。 料理は築地から届く新鮮な魚介を備長炭で炙った炭火焼きをはじめ、その日仕入れた食材をたくみに使用した季節感あふれる逸品が並ぶ。さらに、毎週月曜日はメンズDAYとして、男性に限りどの日本酒でもグラス1杯540円で味わえるというサービスを行っている。

海鮮酒粕グラタン
951円

ほとんどの客が注文する人気メニュー。酒粕をあわせたベシャメルソースは芳醇な香りとコクをもち、日本酒にピタリと合う。具材はイカ、ホタテ、ウニなど。目の前で炙るチーズが香ばしさ満点だ。しっかりとした酸とボディのある酒と堪能したい

龍力 特別純米 生酛仕込み
1合972円

酒粕味噌の国産牛ホルモン鍋
1人前1296円(写真は2人前)

前日までに要予約。自家製合わせ味噌と酒粕で、深みと旨みたっぷりのスープで国産牛ホルモンを食す。この鍋やノドグロの炭火焼きをふくむコース料理に、15種類以上の日本酒が時間無制限の飲み放題がついて6480円の宴会プランも人気

日本酒バル 炉端ぺし

東京都中央区日本橋堀留町1-8-7 ☎03-3663-1061 [営]17時〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター4席、テーブル4席×4卓 計20席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし、お通し代540円別/交通 [交]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩5分

電話番号 03-3663-1061
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
ぷりっとした西京焼きに、芳しきイワシの燻製、その他肝入りのイカ丸干し、鮭ハラスなど備長炭で焼き上げられる炙り系が多数揃う。鶏肉にも自信あり。
老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt