MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
たつや|黒ホッピー発祥の店 『たつや』に行ってみた!(焼き鳥/恵比寿)

たつや|黒ホッピー発祥の店 『たつや』に行ってみた!(焼き鳥/恵比寿)

黒ホッピーの聖地巡礼として訪れるお客様も!

perm_media 《画像ギャラリー》たつや|黒ホッピー発祥の店 『たつや』に行ってみた!(焼き鳥/恵比寿)の画像をチェック! navigate_next

会長のホッピー・ちゃんぽん好きから始まった「黒ホッピー」

昭和51年創業の恵比寿・たつやは、鮮度抜群のモツを芝浦から仕入れ、大ぶりな串やもつ煮が名物の繁盛店。

開店から2年ほど経ったある日、ホッピーに黒ビール(ギネス)を入れたところ、その美味しさで好評となるも採算が合わず断念。

しかし問屋さんが現・ホッピービバレッジへ話をしたところ、平成4年に「黒ホッピー」が誕生したという。黒ホッピーならではのコクと甘みのバランスが引き出された一杯は飲む価値あり!

写真:黒ホッピー 470円、がつ刺し 380円、お徳用盛り合わせ(5本)850円

たつや 駅前店(最寄駅:恵比寿駅)

東京都渋谷区恵比寿南1-8-16 STM恵比寿ビル1F ☎03-3710-7375 [営]8時~翌5時(翌4時LO)、日・祝8時~22時(21時LO) [休]年末年始 [交]東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩2分

電話番号 03-3710-7375
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル