MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
立呑み天ぷら 喜久や(恵比寿)|立ち呑みスタイルで楽しめる天ぷら

立呑み天ぷら 喜久や(恵比寿)|立ち呑みスタイルで楽しめる天ぷら

モダンな立ち呑みスタイルで楽しめる天ぷらは、「人気五品」を筆頭に、季節替わりの旬の食材、味玉天ぷらなど変わりダネもあって、あれこれ迷うのも楽しみ。ワインのほか、灘の銘酒櫻正宗の升酒なども人気だ。

立呑み天ぷら 喜久や(最寄駅:恵比寿駅,)

人気五品
合わせて1380円

人気五品は、大根、海老、烏賊、牡蠣、万願寺

刺身はんぺん
400円

築地「佃権」のはんぺんは口中で溶けるような旨さ

パクチーのかき揚げ
450円

サクッと頬張ったあと口の中で香るパクチーかき揚げ。酸味のフレッシュなワインとも相性抜群

トマトとモッツアレラのカプレーゼ
200円

伊と和の出合い、ひと口サイズの〝カプレーゼ〟も人気

立呑み天ぷら 喜久や

東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル1階 ☎03-5422-9077 [営]16時〜24時(Food23時LO、Drink23時半LO) [休]年末年始 [席]40人(スタンディング)/全席禁煙(入り口外で可)/予約不可/カード可/サなし [交]JR・地下鉄日比谷線恵比寿駅から徒歩3分

電話番号 03-5422-9077
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt