MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
天城荘(旅館/大滝温泉)|伊豆最大級の滝見露天が名物の温泉テーマパーク

天城荘(旅館/大滝温泉)|伊豆最大級の滝見露天が名物の温泉テーマパーク

 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。

天城荘(最寄駅:河津駅)

 河原の湯へは宿から山道を5分程歩く。渓流沿いに3つの露天風呂が並び、滝に一番近い湯船はしぶきを浴びる大迫力。自家源泉5本という湯量を誇り、館内を含めお風呂は全6カ所、湯船の数は18にもなる。元は湯治場だったというのも納得の、豊かな自然の恵みを東京から2時間強で堪能できるだけに、温泉を満喫したい人に特におすすめだ。 料理は、金目鯛のお造りや猪鍋など、伊豆の山&海の幸を味わう会席料理。館内は昭和の雰囲気が漂い、客層は家族連れからひとり旅まで幅広い。 河津で山の恵みをたっぷり楽しんだ後は、海沿いをドライブしながら海の絶景&グルメを楽しむ。そんなアレンジが利くのも、伊豆ならではの温泉旅だ。

1泊2食
11000円~

宿のHPに各種宿泊プランが用意されている。写真は14180円プランの料理(全9品)。鍋がメインの11000円プランもある

天城荘

静岡県賀茂郡河津町梨本359 ☎0558-35-7711 チェックイン15時/アウト11時 1泊2食11000円〜 ※特定日を除く 
[交]【電車】伊豆急行河津駅からバスで約20分 【車】東名高速道路沼津ICから約1時間30分 ※日帰り入浴あり(2000円(税込)〜。10時〜20時) 

電話番号 0558-35-7711
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
日本有数の豪雪地帯、南魚沼の一軒宿。源泉は37度とぬるめで、昭和初期までは、この源泉で目薬も生産された“目に効く”名湯だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt