SNSで最新情報をチェック

日本橋「小野屋」は知らなければ絶対と言っていいほど素通りしちゃうんじゃないだろうか。入り口は1階の酒屋に入ってすぐ脇にある魅惑の階段。

画像ギャラリー

小野屋(最寄駅:日本橋駅)

地下へ降りればそこは大人のパラダイス、コの字酒場だ。38年前、現在88歳の新部さんと娘の佳子さんが始めた角打ちが出発点。「最初は乾き物ぐらいしかなかったのよ~」と佳子さんは明るく笑うが、今やアジのなめろうや餃子など目移りする品揃え。これが安くて旨い!「玉子焼きもイケるよ」と取材に参戦するのは常連の皆さん。一見に優しく紳士的。そして何より母娘の熱烈ファン(笑)。料理、雰囲気、客、全部ひっくるめて一度体験するとまた地下に潜りたくなる、都会のオアシスのような店だ。

さんまの丸干し焼き(2匹)

450円

ネギ玉子やき

450円

あじなめろう

520円

アジのなめろうは注文があってから味噌、ネギ、生姜などと一緒にアジをたたいて完成させる。

小野屋

[住所]東京都中央区日本橋1-14-6地下1階 [TEL]03-3271-3310 [営業時間]17時半~21時半(21時LO) [休日]土・日・祝・水(祝のある週は水営業) [席]カウンター9席、テーブル(立ち飲み)9席、計18席/全席喫煙可/5名前後は予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]都営浅草線ほか日本橋駅D2出口から徒歩1分

電話番号 03-3271-3310

2017年9号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...