MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
グルメライターの恋するレアご飯!高級食材トリュフvs. 香港発のB級グルメ

グルメライターの恋するレアご飯!高級食材トリュフvs. 香港発のB級グルメ

三度のメシより米が好き。そんなワタクシが熱愛するご飯モノをご紹介します!

高級食材トリュフvs.香港発のB級グルメ

 まずは銀座の路地に佇むビストロ、『グラマシーテーブル』。ランチに限定5食で出しているのが「トリュフオムライス」だ。ひと口食べれば、アノ独特の深い香りがふわっと香る……ドコロじゃない! 津波のように押し寄せてくるのだ。こんなに贅沢なオムライス、他ではなかなか食べられない。

グラマシーテーブル(最寄駅:銀座駅)

トリュフオムライス
1500円

1人前に2個分のトリュフを使用した贅沢な逸品だ。バターで炒めたライスにもペースト状と角切りのトリュフをまぜ込んで香り良く仕上げている

グラマシーテーブル 銀座
[住所]東京都中央区銀座5-9-5 [TEL]03-6228-5537 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~24時(22時半LO) ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A5出口から徒歩1分

 もう1食は「ラードご飯」。日本で言う“バターご飯”的存在、香港の超B級グルメなのだが、これを「ウェスティンホテル東京」の高級中華『龍天門』で、予約限定メニューとして出している。米、ひと粒ひと粒に絡まる上質なラードの甘み! コク! 旨み! 脂肪と糖がダブルパンチで食欲を刺激してくる。さらに「こんな高カロリーなものを夢中でかき込んじゃっているアタシって……」という背徳感がより一層美味しく感じさせるのだ。

龍天門(最寄駅:恵比寿駅)

ラードご飯

豚肩ロースの脂身から作る上質なラードに、香味野菜で香りづけ。シイタケを炊いて旨みを移した特製醤油がラードの甘みを引き立てる。前日までに要予約

龍天門 恵比寿
[住所]東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2階 [TEL]03-5423-7787 [営業時間]11時半~15時、17時半~21時半、土・日・祝11時半~16時半、17時半~21時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩10分 

2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1085views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20281views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt