MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ienomi~バル日和~|前菜盛り合わせは破格のコスパ!味にも量にも大満足必至(バル/亀戸)

ienomi~バル日和~|前菜盛り合わせは破格のコスパ!味にも量にも大満足必至(バル/亀戸)

 店名は家のようにゆったりとくつろいでほしいという思いから。普段使いできる価格ながら、契約農家からの有機野菜を可能な限り使うなど、食材は“良いもの”にこだわる。

perm_media 《画像ギャラリー》ienomi~バル日和~|前菜盛り合わせは破格のコスパ!味にも量にも大満足必至(バル/亀戸)の画像をチェック! navigate_next

ienomi~バル日和~(最寄駅:亀戸駅)

さらにシェフが大切にしているのが“提供時に楽しみを届ける”こと。美しく盛られた「一口前菜盛り合わせ」は、深い旨みの燻製肉巻きたくあんやぷるぷるのコンフィなど、日替わりの前菜が12種類以上。その数に驚き、食べる楽しみがあふれる。95%以上の客が頼むそうで「前菜盛りのみの注文でもOK!」と言うシェフも太っ腹!

焼き野菜いろいろienomi風
842円

「焼き野菜」は、油を使わず焼いているので、野菜の味わいと香りをダイレクトに楽しめる。マルドンクリスタルシーソルトかトリュフ塩で。

天使の海老フライ(2本)
734円

天使の海老を“天使の髪の毛”の異名をもつ麺状の生地・カダイフで巻いて揚げたエビフライ。鮮度が良いので丸ごと食べられる

樽生スパークリングカクテル(いちご)
756円

一口前菜盛り合わせ
842円

「一口前菜盛り合わせ」は、お得で美味が満載。オーダー必須の逸品だ。ひとり占めで楽しんでもふたりでシェアしてもOK

ienomi~バル日和~

東京都江東区亀戸2-30-10 清野ビル1階 [TEL]03-6883-2866 [営業時間]17時~24時(23時半LO)、土・日・祝12時~24時(23時半LO) [休日]不定休 [席]カウンター7席、2席×2卓、4席×3卓 計23席/全席禁煙/予約可/カード可/テーブルチャージ270円 [交通アクセス]JR総武線など亀戸駅北口から徒歩5分

電話番号 03-6883-2866
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル