MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BALUCK 場楽(居酒屋/亀戸)|原価のステーキに幅広い100種の料理店主の心意気に感動

BALUCK 場楽(居酒屋/亀戸)|原価のステーキに幅広い100種の料理店主の心意気に感動

 店名は“お客さんにとって、この場所が楽しく幸せでありますように”という願いに由来。和食出身の店主による繊細で重層的な味わいの料理が並び、どれも“お腹いっぱいになって店を後にしてほしい”と大ボリューム。

perm_media 《画像ギャラリー》BALUCK 場楽(居酒屋/亀戸)|原価のステーキに幅広い100種の料理店主の心意気に感動の画像をチェック! navigate_next

BALUCK 場楽(最寄駅:亀戸駅)

客のリクエストに応えるうち100ほどになったという、本格フレンチから居酒屋的な守備範囲の広いメニュー構成と、ステーキなどを原価で提供する店主の心意気も素晴らしい。リクエストがない限り、基本的に毎回違うものを出すこだわりのお通しのレパートリーはなんと38種類もあるそう。

合鴨のロースト
1382円

柔らかな合鴨がたっぷり。ソースには香り高いメープルが使われる。

小海老と大根・野菜のマヨわさ
842円

プリッとしたエビとわさびマヨが好相性

ばらっくのオムライス
1382円

バターの香りが豊か。ケチャップの水分がなくなるまで炒め続けるので、調理にかかれるのは店のタイミング次第。時間がかかるため最初にオーダーしたい

BALUCK 場楽

東京都江東区亀戸5-5-5 [TEL]03-5875-3166 [営業時間]17時~翌1時(23時半LO) [休日]不定休 [席]カウンター5席、テーブル席2席×2卓、4席×3卓 計21席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し別540円 [交通アクセス]JR総武線など亀戸駅北口から徒歩4分

電話番号 03-5875-3166
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル