MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
焼鳥 ホップ デュべル(焼き鳥/新橋)のグルメ取材記事

焼鳥 ホップ デュべル(焼き鳥/新橋)のグルメ取材記事

新橋エリアの焼き鳥店「焼鳥 ホップ デュべル」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。新橋の路地裏。カウンターでネクタイを緩めたら、ぴっと輪郭の立った焼鳥、一串ひと串に「おっ」と感動しつつ、旨いビールも味わう。[住所]東京都港区新橋3-3-4 駒倉ビル1階

焼鳥 ホップ デュべル(最寄駅:新橋駅)

輪郭が立った焼き上がりとベルギービールがマッチ!

至福である。 弾力があってジューシーという中村農場の甲斐路軍鶏を串打ちし、店主の堀さんが供する焼鳥は“攻めの焼き”である。ギリギリまで見極めて串を返さずに表を焼き上げつつ、中の旨みを溶かしていく。火を通して旨みを引き出しつつ、あくまでジューシー。部位ごとの味もくっきり。この焼鳥に、厳選された、香りや味わい、表情豊かなベルギービールがまたよく合うのだ。

おまかせ六本コース
2000円

わさび焼き、レバー、銀杏、皮、ハツ、つくね。コースはここに甲斐路軍鶏のスープも。ベルギービールの「ボンヴー」(大瓶・3240円)は口当たりよくもしっかりした味わいで、焼鳥との相性も抜群

春のポテトサラダ
702円

ポテトサラダは季節によって変わる。取材時は新玉葱とグリーンアスパラ

パーラー江古田さんのバゲットとホップデュベル自家製パテ
1080円

鮮度のいいレバーを使って重すぎないような味にしたというパテは、炭火で焼いたパーラー江古田のパン2種と

焼鳥 ホップ デュべルの店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-3-4 駒倉ビル1階 [TEL]03-3581-7773 [営業時間]17時半~23時、土16時半~22時 [休日]日・祝(FBで告知) [席]カウンター15席/全席禁煙/予約可(コースを指定)/カード可/席料500円 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3581-7773
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
長らく白飯至上主義のおっさん女子であったが、最近、食パンに対する愛もちょっと芽生えてきた……。 はい、結論から先に言いましょう。練り込み系食パンは、『Cベーカリー』で買うべし! 吉祥寺東急デパートの通称デパサンにあるパン屋さんです。
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt