MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
はこだてビール|鮮度抜群のビールをワイワイ北海道らしく(ビアバー/函館)

はこだてビール|鮮度抜群のビールをワイワイ北海道らしく(ビアバー/函館)

函館の地ビール第1号のこちらは昨年で満20年。ビール工場併設でカウンターからテーブル、テラス席まで席数も多い中で地ビールを満喫できる。

perm_media 《画像ギャラリー》はこだてビール|鮮度抜群のビールをワイワイ北海道らしく(ビアバー/函館)の画像をチェック! navigate_next

はこだてビール(最寄駅:函館駅・市電魚市場通駅)

基本の4種のほかにも、ユニークな「社長のよく飲むビール」ほか、季節限定ビールなども楽しめる

イカ入りキタアカリのコロッケ
486円

ほくっとしたじゃが芋の味わいの中にコロコロとイカが混じるコロッケ。

社長のよく食べるジンギスカン
1080円

ラムの香りと肉の甘み、野菜のシャキシャキ感もいいジンギスカン

いろんなタイプのボイルドソーセージ
1080円

おためしセット3種類
1080円

インカのめざめチーズオーブン焼き
864円

サンマの白ワインマリネとニシンのオレンジマリネ
618円

はこだてビール

北海道函館市大手町5-22 明治館通り [TEL]0138-23-8000 [営業時間]11時~15時、17時~22時(21時20分LO) ※ランチタイム有   [休日]水 [席]1階カウンター10組、テーブル80席、2階(宴会場)100席 全200席/全席禁煙/予約可/カード可 [交通アクセス]JR函館駅から徒歩7分、市電魚市場通り駅から徒歩3分

電話番号 0138-23-8000
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「ビアバーというと洋食を出す店が多いですが、うちは国産クラフトビールを扱っているので、もっと身近な料理にしたかった」と田村さん。秋田出身ということもあり、メニューにはとんぶりと和えたサーモンをはじめ、山菜や漬物、野菜など地元産のものもラインナップ。
徹底管理のドラフトが自慢のビアホール。華やかな香りと甘み、後味に訪れるコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、計8種類を置いている。
タップが5つ。黒板に書かれた、その時々、セレクトされた樽生国産クラフトビール(一杯900円位~)が居心地のいい空間でのんびり楽しめる。
 3フロアで展開するクラフトビアバー&ボトルショップ。1階はクラフトビールの生8種類を立ち飲み&テーブルで、2階では国内外800種類以上のボトルを販売。
クラフトビール好きなら、カウンター奥のタップ数を見た瞬間にいい店だと感じるだろう。こちらは国産のクラフトビール17種類を生で提供。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル