MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[めっせ熊 東京店] おすすめ料理のグルメ記事と写真(鉄板焼き/東京駅)

[めっせ熊 東京店] おすすめ料理のグルメ記事と写真(鉄板焼き/東京駅)

[めっせ熊 東京店]店内中央にある巨大な鉄板から、モウモウと立ち上る湯気とソースの香ばしい匂いに食欲をガンガン刺激される![めっせ熊]はJR大阪駅などに店を構える人気の鉄板焼き店で、他県進出は東京店のみ。

perm_media 《画像ギャラリー》[めっせ熊 東京店] おすすめ料理のグルメ記事と写真(鉄板焼き/東京駅)の画像をチェック! navigate_next

めっせ熊 東京店(最寄駅:東京駅)

職人が焼くふっくら生地に地ソースたっぷりで旨さ無限大!

粉モンのいちばん人気は「ねぎおこ」で、甘辛く炊いた牛スジや目玉焼き、九条ネギを豚玉にオン。和風ダシを利かせ、山芋を練り込んだ生地はふっくら感が抜群だ。各テーブルには「ばら」、「ヘルメス」、「ワンダフル」の3種類の個性豊かな地ソースを置き、お好み焼きに“追いソース”をして楽しめる。また、ランチも見逃せない。780円~のお手頃価格で写真の「お好み焼き定食」をはじめとしたガッツリ系メニューが目白押し。しかもご飯&味噌汁はオカワリ自由という満腹必至の内容だ。

ねぎおこチーズ
1250円

「ねぎおこ」に大量のチーズをトッピング。牛スジのコクやネギの香りがタッグを組んで、旨さが押し寄せる

(昼)お好み焼き定食
780円

お好み焼きは豚玉。ランチメニューは開店から17時まで注文できるので、遅い昼食や早めの夕食にも

鉄板ハラミステーキ
980円

わさび醤油味のソースで、肉の風味をダイレクトに感じられる。頬張れば肉汁が口中でスパーク

お店からの一言

店長 原田勉さん

「自家製麺で作る焼きそばも自慢です!」

めっせ熊 東京店

[住所]東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 地下1階 [TEL]03-3201-9056 [営業時間]11時~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土・日・祝11時~21時(フード20時、ドリンク20時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]計60席/平日14時まで全席禁煙、それ以外は全席喫煙可/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下南口から徒歩5分

電話番号 03-3201-9056
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
高タンパク、低カロリーでヘルシーな羊肉。ここ2、3年で専門店が増加しており、ジンギスカンだけなく、様々な形で食べさせてくれる店も多くなっている。多種多様なラム料理を徹底調査し、感動したお店7軒をご紹介!
品質やサービスは高級鉄板焼店さながらのクオリティでありつつ、リーズナブルな価格帯を実現した鉄板焼店。話題の素敵サンドには、和牛サーロインの上質な肉汁や3種の自家製ソースが染み込んでいる。
10種類以上の牛タン料理がすべて1000円以下とリーズナブル。看板メニューの「厚切り牛タンの炙り焼き」(999円)は、分厚い牛タンをシンプルに塩・コショウのみで味付け。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル