MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Babélico(イタリアンバル/京橋)-京橋で高級食材がワンコインのイタリアンバル

Babélico(イタリアンバル/京橋)-京橋で高級食材がワンコインのイタリアンバル

京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。

perm_media 《画像ギャラリー》Babélico(イタリアンバル/京橋)-京橋で高級食材がワンコインのイタリアンバルの画像をチェック! navigate_next

Babélico(最寄駅:東京駅・京橋駅)

高級食材がワンコイン気軽に通えるイタリアンバル
そう、界隈で注目のこちらは9月にオープンしたニューフェイス。冒頭のそれが店の目玉というワケだ。安くても品質は上等。ポーションを小さくすることで「ハレの食材を安心価格で」にこだわったという。実家が寿司屋だった平井さん。和食の腕を磨いた経験もあることから、盛り付けや調味料に和の要素が散りばめられているのも特徴だ。肉料理はグラムを選べるなど客目線のおもてなしに加え、どれも酒のつまみに合う味を意識したそう。それがさりげなく旨い。

1ワンコインつまみ(トリュフがけのローストビーフ、煮穴子のリゾット寿司焼きオマールエビ)
すべて500円

オマール海老のテール半身やトリュフたっぷりのローストビーフなどがワンコイン。手間はもちろん盛り付けも手抜きなし

シェフ厳選の豚肉グリル(150g)、オーストラリア産牛リブロースグリル(150g)
1280円、1580円

脂身がみずみずしい埼玉県の金井豚とオーストラリア産牛肉のグリル。お好みの量で組み合わせできる

カチョ・エ・ペぺ トリュフの香り・卵黄をのせて
1000円

チーズとコショウを利かせたシンプルパスタ。仕上げに卵黄をのせ、トリュフオイルで風味付ける

お店からの一言

シェフ 平井皇太郎さん

「おひとり様でも量の調節などできるだけ対応します」

Babélico

[住所]東京都中央区京橋1-4-14 1階・地下1階 [TEL]03-6262-6485 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時半(22時半LO)土17時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝(12月23日の祝は営業) [席]38席/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲中央口から徒歩5分、地下鉄銀座線京橋駅7番出口から徒歩3分

電話番号 03-6262-6485
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
はて?ここは何の店?それが第一印象。だし巻き玉子にチャーハン、ピザにタイ風春巻きと料理はノンジャンル。正直、“ハズレ”の予感すらよぎる。ところが! それらの何を食べてもひたすら旨いのだ。
 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。
中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル