MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』の画像をチェック! navigate_next

CHAMP DIVIN 3331|シャン ディヴァン(最寄駅:秋葉原駅)

和を感じる“粋”なフレンチを肴に日本酒をグビリ!

それに合わせる酒は日本酒がオススメ。利き酒師でもある店長の竹田さんが厳選した珍しく、かつ飲みやすい銘柄が常時12種類ほど揃う。お得な利き酒セットも3種類からあるので、ぜひ飲み比べを!

本日の冷前菜盛り合わせ
880円※写真は2人前

人参のラぺやラタトゥイユ、生ハム、サラミ、レバーペーストなどボリューム満点。

利き酒セット五種
1500円

ピンクのにごり酒をはじめ、見慣れぬ酒多数で、その場が盛り上がりそう。料理も酒も取材時の一例

コッペパン royale肉憎しいパテをはさんだコッペパン、BBQソース、フレンチフライと
1080円

米粉を使ったあっさりめのコッペパンに、ガツンと肉々しい国産牛肉100%のパテとBBQソースを組み合わせた逸品

白甘鯛の鱗焼き日本酒と柚子の軽いクリーム
1360円

季節メニューより。鱗焼きのサクサクした食感が楽しく、ほのかに柚子が香る軽やかな味わいのクリームソースも秀逸だ

お店からの一言

店長/竹田嵩利さん(右)シェフ/山口 瑛さん(左)

「自然と輪がつながるような雰囲気なのでおひとりでもぜひ」

CHAMP DIVIN 3331の店舗情報

[住所]東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda1階 [TEL]03-6803-0263 [営業時間]18時~23時(22時LO)、金・土18時~翌2時(翌1時半LO) [休日]月・火(祝の場合は営業) [席]計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩10分

電話番号 03-6803-0263
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル