MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
至福の鯖百選[10] 鳥取のブランドサバ「お嬢サバ」が、 セレブな「箱入り」グルメでデビュー!

至福の鯖百選[10] 鳥取のブランドサバ「お嬢サバ」が、 セレブな「箱入り」グルメでデビュー!

「お嬢サバ」」は、JR西日本と鳥取県が共同開発した完全養殖マサバ。地下海水を使い陸上養殖することで、寄生虫が付きにくい養殖方法で大切に育てられたサバは、安心安全にお刺身で堪能できる。クセがなく、すっきりした脂のりで、白子や真子も楽しめるが魅力だ……。

JR西日本と鳥取県が共同開発した完全養殖マサバ、その名も「お嬢サバ」!


「お嬢サバ」は、JR西日本と鳥取県が共同開発した完全養殖マサバ。

地下海水を使い陸上養殖することで、寄生虫が付きにくい養殖方法で大切に育てられたサバは、安心安全に生で堪能できる。

クセがなく、すっきりした脂のりで、白子や真子も楽しめるが魅力だ。

[鳥取県岩美町で養殖されている「お嬢サバ」。
飼育用と出荷用の水槽、計13基を整備し、7本の井戸で地下10メートルからくみ上げた地下海水を利用]



そんな「お嬢様育ち」のサバが今年も3月8日「サバの日」から出荷解禁。

6月ごろまで、東京、大阪、鳥取を中心に味わえる。

そして! なんと今年は、お嬢サバの加工品も3月8日に登場。

その名は「サバパック」。

パック=箱。

大切なお嬢様育ちのサバですもの。

「箱入り娘」ですもの。

そりゃあ、箱に入れなくちゃ!というわけで、セレブ感あふれるスタイリッシュなデザインの箱入りで「社交界にデビュー」である。

[黒ベースにシルバーの文字が高級感あふれるパッケージ。ギフトにもぴったり]


そのお値段は、1個1058円! 

価格もセレブなのには理由がある。

そもそもお嬢サバは、生産量が少なく、手間隙をかけて育てられた貴重なプレミアムサバ。

その味わいを引き立てるべく、お嬢サバ以外の食材や調理方法、容器にもこだわりを尽くした「贅沢な商品」なのだ。


「お嬢サバの魅力は、上品な脂にあると思います」と語るのは、開発に携わった西日本旅客鉄道 創造本部 ビジネスプロデュースグループの石川 裕章さん。

「そのやさしい味わいを決して損なうことなく、さらに引き立てる食材、味付けを追求しました」

開発に携わった石川さんの
お嬢サバ愛がたっぷりイラストにもつまっている
目元に注目! まつ毛! きゅん(涙)


お嬢サバに「ふさわしいお相手」として国産中心の食材を厳選して調理。

あえて缶詰ではなく、開けやすく、しかもレンジでそのまま温められる容器に入れた。


じつはサバパックは世間の「お嬢様」たちの声もしっかり反映されている。

「女性の意見を聞いたところ、缶詰はゴミ出しが面倒、缶特有のにおいが苦手、空けるときに爪がひっかかるといった声もありました」と石川さん。

「忙しい女性にもレンジアップで料理にアレンジしやすく、手軽に楽しんでいただける商品をと心がけました」

そして美容にもうれしいサバ。

「お嬢サバで美しくなっていただきたい」と身体に安心な無添加調理。

どこまでも女性想い(涙)。

 


そんな「レディ」なお嬢サバの「サバパック」は3種類。

[お嬢サバを使った「サバパック」は全3種類。「お嬢サバのトマト煮」 「お嬢サバの塩・バジル仕立て」「お嬢サバのオイル煮 瀬戸内産レモン仕立て」]

サバパック お嬢サバのトマト煮

[「お嬢サバのトマト煮」。トマトの酸味、コクのある味わいでパスタにぴったり]


お嬢サバと相性のよい熊本県産トマトを使い、ことこと煮込んである。

ホックリやわらかに煮上がったお嬢サバの身は、トマトのさわやかな風味に包まれながら、エレガントな味わい。

このままでも美味しいけれど、お嬢サバの旨みが浸み込んだ、とろっとコクのあるソースもバツグンに美味しい! 

そうですよ、こちら、すかさずレンジでチンできるわけですよ! 

レンジで温めてパスタにかけると、本格的な「サバパスタ」の完成。

手軽に「おうちイタリアン」!

ワインにばっちり♪

サバパック お嬢サバの塩・バジル仕立て

[「お嬢サバの塩・バジル仕立て」。バジルの風味、唐辛子のピリッとした風味が大人の味わい]


お嬢サバを赤穂の塩で煮込み、バジル、唐辛子で風味付け。

バジルの爽やかな香りと、ピリッとした風味が新鮮。

バケットにのせたり、サラダに使うのもおすすめ。

ジェンヌさんはちょっとエスニックな感じがしたので、レンジで温めて、ゆでたフォーにかけてみました。

あ、やはり美味しい♪

米系のヌードルに合う♪ 

ごはんにかけて、生のバジルやトマトをのせて食べてもいけますよー。

サバパック お嬢サバのオイル煮 瀬戸内産レモン仕立て

[「お嬢サバのオイル煮 瀬戸内産レモン仕立て」。グレープシードオイル使用。レモンの風味がさわやか。ジェンヌ的には白ワインや、ジントニックと味わうのがお好み♪]


お嬢サバをオイル煮。

なんと、使用しているオイルは「グレープシードオイル」! 

まろやかで、あっさりとした仕上がり。

兵庫県淡路島産のたまねぎがコクをそえ、そしてなんといっても広島県大崎上島産のレモンでバツグンにさわやか!

ローズマリーの風味もいきた「初夏の風」のような一品はサラダにもよし、冷製パスタにもおすすめ。

カリッと焼いたトーストにはさんでサバサンドにしても美味しい!

[レンジ加熱できるサバパックは、多彩なアレンジで楽しめる。ホムパでも大活躍するはず!]


とびきり「レディ」なサバパックは、そのままでもアレンジしてももとても美味しく楽しめるサバグルメ。

とにかく「ヌードル」系にはとっても合います。

女子の「とっておきご褒美サバグルメ」としても、もちろん「スペシャルなサバグルメ」を楽しみたい男子にもおすすめ。

そして女子へのプレゼントにしたら、株が上がる、絶対!

■お嬢サバ公式HP/
https://www.westjr.co.jp/life/profish/ojou-saba.html
■サバパック発売店
【東京】とっとり・おかやま新橋館、日本橋三越本店 吉川水産【大阪】ルクア大阪キッチンマーケット【山陰】鳥取駅おみやげ楽市、米子駅おみやげ楽市、松江駅おみやげ楽市
■ネットでも購入可能
https://shop.directishii.net/cate.php?ctg=14006
※サバパックは数量限定販売







池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鳥取県東部・因幡地方の伝統食「因幡の塩鯖」とサバ節でとったダシを使った和風のルー、塩鯖の竜田揚げをトッピングした「サバ一尾をまるごと味わい尽くす」カレーは、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル2019」において3位を受賞。数々のメディアに取り上げられ大ブレイク中だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。
鯖グルメは海沿いの町だけではありません! 山には山のサバグルメ! その代表といえば、「鯖寿司」。 岡山の寿司といえば「ばら寿司」のイメージがあるが、それは県南の話。 海に接していない県中北部の郷土料理は「鯖寿司」。そして岡山県北部に位置する津山市には、今回ご紹介する鯖寿司の名店「美園」がある。
何なんでしょうか、今年の夏。あづいーーーーー!!!  こんなときこそ、サバ! サバでパワーアップ! サバテない身体になって、サバンナのような猛暑から鯖イバル! ……サバが必要ですよ、ジェンヌさん。というわけで、「そうだ、『さば銀』へ行こう!」
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt