MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
大衆酒場まる家(居酒屋/神田)

大衆酒場まる家(居酒屋/神田)

店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。

大衆酒場まる家(最寄駅:神田駅)

大衆的な雰囲気 なのに、きちんとした和食がいただける

例えばひとつずつオーダーできる揚げたての天ぷらは、定番の品だけでなく、「すじこ」(270円)や「鴨ねぎ」(324円)、「うに」(540円)などなど、他ではあまり食べられないようなものも含め、その数なんと約50種類!
 朝まで営業していることもあり、特に深夜帯には同業者たちが客としてやってくる。そんな彼らのお墨付きをもらっている店だもの。美味しくないはずないでしょ。

天ぷら 春菊、海老、はぜ、なす、きす、明太子、鱧と松茸
162円、486円、216円、162円、216円、270円、540円~

サクサク軽やかな仕上がりの天ぷら。大葉や海苔で巻くなど、ひと手間かけられている。「鱧と松茸」の提供は9月末までの予定

お造り盛り合わせ
1人前1620円~ ※写真は2人前 4320円

その美しさを見ただけでも、抜群の鮮度・美味しさがわかるお造り。もちろん単品も揃え、魚は築地をメインに仕入れている

肉豆腐
1058円

すき焼きを彷彿とさせる上品な味わいと具材。〆にはぜひ「うどん」(1人前540円)を入れて、ツユの最後まで味わって

日本酒は季節により入れ替えながら、約20種類をラインアップ。1升瓶の焼酎をボトルキープしている常連客も多し

お店からの一言

店長 芹澤裕矢さん(右)、マネージャー 飯島直人さん(左)

「お客さんの声に応えたら、この品数になりました」

大衆酒場まる家の店舗情報

■『大衆酒場まる家』
[住所]東京都千代田区神田鍛冶町3-7
[TEL]03-3256-5776
[営業時間]17時~翌4時(翌2時半LO)、土曜日:17時~23時(21時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンターあり、全29席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し代540円別
[アクセス]地下鉄銀座線神田駅4番出口から徒歩2分


電話番号 03-3256-5776

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
下町酒場は陽気なムードと安くて旨い料理が魅力。そこにクラフトビールやこだわりの日本酒、ナチュラルなワインが加わったこの店は最強だ。
またひとつ渋谷にいい店が誕生した。超人気の日本酒居酒屋『高太郎』を経て今年独立した酒井さん。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt