MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
小ざさ(テイクアウト・手土産/吉祥寺)|創業65年!「幻の羊羹」は行列覚悟の超人気商品!

小ざさ(テイクアウト・手土産/吉祥寺)|創業65年!「幻の羊羹」は行列覚悟の超人気商品!

早朝から並ばないと手に入らない吉祥寺の名物羊羹。1日150本(1人3本まで)限定なのは、小さな鍋を使い、木炭でじっくりと小豆を炊く製法で、作る量に限りがあるため。

小ざさ(最寄駅:吉祥寺駅)

伝統の手法を守る入手困難な羊羹は特別感のあるギフト

きめ細かく、ねっとりとした羊羹は、すっきりと上品な甘さで後味が心地よい。

羊羹
760円(1本)

小ざさの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8 [TEL]0422-22-7230 [営業時間]10時~19時半 [休日]火 [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩2分
●オンラインショップ/なし ●日持ち/常温で5ヶ月 ●予約/不可(朝8時15分から整理券配布)


電話番号 0422-22-7230

撮影/石井明和 文/井島加恵 スタイリング/タカハシユキ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。
代官山で人気のブルワリーの新業態はクラフトビールとデリ、ともに17種を揃えたスタンド店。公園内の共有スペースで楽しめるよう、広口蓋のカップも開発した。
本店を構える川崎大師にちなんだGINZA SIX限定品。ふわとろ食感の羽二重餅に、自家焙煎の北海道産大豆を店頭で挽いた黄な粉がたっぷり。
ゴーダチーズが香るラングドシャとふわふわのクリーム、クリームチーズ入りホワイトチョコレートが織りなす繊細な味わい。連日行列ができ、12時前後には売り切れる人気の品。
良質な調味料類を揃える南仏・プロヴァンス発のグロサリーブランドが日本初出店。シチリア産ピスタチオとオリーブオイル、ナッツプラリネなどが入った世界的にも人気のコンフィチュール。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt