MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
烏森 百薬(居酒屋/新橋)|話題のお店!昼は定食とコーヒーの喫茶店、夜はお酒と逸品料理が自慢の居酒屋!

烏森 百薬(居酒屋/新橋)|話題のお店!昼は定食とコーヒーの喫茶店、夜はお酒と逸品料理が自慢の居酒屋!

老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。

perm_media 《画像ギャラリー》烏森 百薬(居酒屋/新橋)|話題のお店!昼は定食とコーヒーの喫茶店、夜はお酒と逸品料理が自慢の居酒屋!の画像をチェック! navigate_next

烏森 百薬(最寄駅:新橋駅)

昼はコーヒー、夜は酒。ひとり飲みOKの二毛作店

酒はその時々で入れ替える日本酒、焼酎、クラフトビールなどなどオールラウンドな品揃え。ちなみに2階席もあり、こちらはコイン式の酒販機を置いたセルフなスペースだ。さらに昼は定食とサイフォンで抽出した香り高いコーヒーが自慢の喫茶店『烏森珈琲』にシフトチェンジ。昼と夜、ふたつの顔を持つこの店が新橋に集う人々の憩いの場となっている。

味噌煮込みおでん5種盛り
1200円

ツユにはほぐした牛スジ肉がたっぷり入る。具は大根、餅巾着、ちくわぶなど

牛タンたたき(ハーフ)、スプラウトのシーザーサラダ、細い讃岐うどん、国産ライムサワー
800円、500円、400円、600円

a.低温調理で厚切りでも柔らかく仕上げている b.ブロッコリーとレッドキャベツの2種のスプラウトを使用 c.抹茶と焼酎を練りこんだ細打ちうどんはコシと喉越しも抜群

(昼)味噌だれ餃子定食コーヒーセット
1200円

ピリッと辛い味噌だれがあっさりとした餃子にコクをプラス。定食のみは900円

お店からの一言

スタッフ 安成悠真さん

「2階席は貸切の宴会もどうぞ!」

烏森 百薬の店舗情報

[住所]東京都港区新橋2-15-5 [TEL]050-3698-0100 [営業時間]11時50分~15時(14時LO)、16時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全49席(テラス席含む)/テラス席のみ喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代400円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分


電話番号 050-3698-0100

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル