MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鶏笑本店(居酒屋/十条)|開店10年目を迎えた焼鳥店♪お店の鶏料理は朝挽きしたその日一番いい物を使用☆

鶏笑本店(居酒屋/十条)|開店10年目を迎えた焼鳥店♪お店の鶏料理は朝挽きしたその日一番いい物を使用☆

控えめに灯る看板の佇まいに惹かれ、足を踏み入れた。中はカウンターメインの落ち着いた趣。

perm_media 《画像ギャラリー》鶏笑本店(居酒屋/十条)|開店10年目を迎えた焼鳥店♪お店の鶏料理は朝挽きしたその日一番いい物を使用☆の画像をチェック! navigate_next

鶏笑本店(最寄り駅:十条駅)

鮮度の良さと確かな腕前を実感。しっぽり使える大人の店

穏やかな店主の人柄の良さと料理の確かな味わいで、舌の肥えた客から支持を集めている。価格にシビアな街・十条で、今年10年目を迎えた焼鳥店だ。
 鶏は銘柄にこだわらず朝挽きされたその日一番いいものを扱い、備長炭で香りよく丁寧に焼き上げられる。必食の「朝挽き鶏のレア焼胸身」は、その抜群の鮮度を堪能できる一品。程よい歯応えと弾力で、噛んでいくうちに旨みがあふれ、食べ終わるのが名残惜しくなってしまうほどだ。〆に食べたいデザートも手抜きなし。落ち着いた空間で絶品の数々をぜひ。

手羽先、ねぎ間、豚バラしそ巻き、砂肝、トマトとベーコンのチーズ焼き、かわ
216円、162円、270円、162円、270円、162円

ベストを見極め、丁寧に焼き上げられる焼鳥。15種ほど揃える焼酎と合わせたい。「かわ」はパリッと、「砂肝」はシャクシャクと心地よい食感。「トマトとベーコンのチーズ焼き」はトマトの甘さと酸味が際立つ

朝挽き鶏のレア焼胸身(手前から、チーズ、梅、山葵)
各194円

写真の他、シンプルな塩やさっぱりとしたゆずおろし、こってり旨い明太マヨなど全7種類。すべて試したくなる美味しさ

笹身のなめろう
680円

ササミの繊細な味わいと味噌の風味がマッチ。ササミの刺身仕立ては、他にもユッケにしたり、おろしポン酢をかけたものもある

自家製ぷりん
518円

卵黄をたっぷり使った、カスタードが濃厚なプリン。固めに仕上げられ、さらりとしたカラメルとの相性も良い。老若男女問わずリピート率が高い

お店からの一言

店主 関根健幸さん

「いつも同じクオリティの味を提供できるよう心がけています」

鶏笑本店の店舗情報

[住所]東京都北区上十条3-23-9 シンワビルⅡ1階 [TEL]03-6671-2228 [営業時間]17時半~24時(23時LO)、日・祝17時~22時(21時LO) [休日]隔週日 [席]カウンターあり、全14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし・お通し代324円別 [交通アクセス]JR埼京線十条駅北口から徒歩6分


電話番号 03-6671-2228

撮影/石井明和 取材/市村幸妙

2019年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔から日本人が培ってきた発酵の知恵。そこには免疫力を高める効果があると言われている。
「お通しから喜んでいただけるよう、見た目や味はもちろん、コストも工夫して作っています」とおだやかに語るのは、店主の瀬木さんだ。日本酒や焼酎にぴったりくる和食料理の他、お客の好みに答えて生まれたコロッケやパスタなど、何でも作る。
日本酒居酒屋、それも生け簀(す)料理が有名な魚介の店。だけどハムカツが人気というから意外に思って聞いてみると「魚だけじゃなく、一品料理もここだけにしかないものを出したいといろいろ工夫しました」と店長の八木橋さん。
その夜はしんみりとした雨だった。だからだろうか、迎えてくれた女将さんの、向日葵のような笑顔がうれしかった。
『魚真』出身の店主による、魚のラインナップに定評のある居酒屋。焼津の鮮魚店『サスエ前田魚店』からメインに仕入れ、日替わりで料理を提供している。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル