MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_名古屋を代表するうなぎの名店『うな富士』がお取り寄せをスタート!/名古屋エリア限定情報(100)

緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_名古屋を代表するうなぎの名店『うな富士』がお取り寄せをスタート!/名古屋エリア限定情報(100)

名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

perm_media 《画像ギャラリー》緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_名古屋を代表するうなぎの名店『うな富士』がお取り寄せをスタート!/名古屋エリア限定情報(100)の画像をチェック! navigate_next

緊急連載! 名古屋エリアのテイクアウト&お取り寄せグルメ_名古屋を代表するうなぎの名店『うな富士』がお取り寄せをスタート!


名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。

地元では知らない人はいないうなぎの名店である。

決して広いとはいえない全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。

昨年10月には、店の一軒隣に『うな富士 縁(ゆかり)』がオープンした。

混雑緩和のためかと思いきや、体の不自由な方専用のフロアだという。



「これまで数多くのお問い合わせがあったのですが、テーブルの間隔が狭くて車椅子での入店が困難でしたので、泣く泣くお断りすることもありました。
一軒隣が空くと聞いて、体の不自由な方用のフロアとして活用させていただくことにしました」
(『うな富士』の運営会社『かぶらやグループ』広報)

『うな富士 縁』は、原則として要予約で、体の不自由な方と介助者のみだが、予約が入っていない場合は一般客も利用できる。


今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウトもはじめた。

出前は5000円から受け付けており、配達料は500円。

一万円以上の注文は無料。

当初は配達可能エリアが店から半径2km圏内だったが、現在はタクシー会社と提携することで半径6kmまで拡大している。

配達エリアの圏外に住む人は指をくわえて見ているだけ……というわけではない。

出前をはじめてから約2週間後には、通販も開始したのだ。

もちろん、鰻やタレは店と同じものを使っているのは言うまでもなく、職人による手焼きで仕上げている。


こちらが「うなぎ丼用蒲焼き」(1杯分・3850円)。

店での提供価格と同じだが、うなぎが一切れ多い。

もともと『うな富士』のうなぎは一般的に流通しているものよりも30%以上大きな、通称「青うなぎ」を使用しているため、一切れといえども、かなりのお得感がある。


こちらは上記に肝焼きをセットにした『うな富士』の名物「肝入り上うなぎ丼」(1杯分・5170円)。

「青うなぎ」の肝だけに、大ぶりで味も濃厚。

当たり前の話だが、1尾から1つしかとれないので数量限定となる。

これも店と同じルールだ。


「青うなぎ」を存分に堪能するには「特大青うなぎ長焼き」(一尾・3740円)がおすすめだ。

尾っぽまで肉付きがよく、脂ののり方ややわらかい食感などどれをとっても、他のうなぎとはまったくの別物であることがわかるだろう。


県外に住む人への贈答に喜ばれているのが、「ひつまぶし」(1人前・4840円)。

ワサビと海苔の薬味や、だし汁も付く。


お取り寄せのうなぎの多くは、湯せんや電子レンジで温めて食すのだが、『うな富士』の商品はもう一手間くわえることで、身はふんわりと皮はパリッとした食感に仕上がる。

「商品と同封したレシピに詳しく書いてありますが、湯せんしてからクッキングシートを敷いたフライパンの上にのせて弱火で皮目を3分間、身を2分間焼くと美味しくお召し上がりになれます」


送料は全国一律1500円だが、10000円の注文で無料。

新型コロナの緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ予断を許さない状況である。

家族がそろって家で食事をする機会もまだまだ多いので、誕生日や記念日に利用してみてはいかがだろうか?


炭焼 うな富士
[住所]愛知県名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザント白金1階
[TEL]052-881-0067
[営業時間]11時~14時L.O.、17時~21時(20時L.O.)
[定休日]第1・3火曜、毎週水曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル