MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
モン・トレゾール東京|アボカド×ヨーグルトが爽やかさを生み出す名脇役(ビストロ/田町)

モン・トレゾール東京|アボカド×ヨーグルトが爽やかさを生み出す名脇役(ビストロ/田町)

『箱根・富士屋ホテル』で腕をみがいた料理長が作るのは、まろやかで爽やかな酸味のアボカドヨーグルトソースを添えた1杯。ローストビーフ丼。モン・トレゾール東京[交]都営浅草線ほか三田駅A3出口から徒歩3分、JR田町駅西口 徒歩5分 ※ランチタイム有

モン・トレゾール東京(最寄駅:三田駅)

冷蔵庫でひと晩寝かし、余分な水分を抜いた豪州産モモ肉を丁寧に焼き上げたローストビーフは、しっとりとして柔らか。ショウガとニンニクの香りを生かした香味野菜のタレが牛肉のコクをしっかりと支えている。たっぷりと盛りつけられる野菜との調和もお見事! 夜はこのローストビーフをアラカルトで用意。赤・白・ スパークリングが飲み放題になるワインビュッフェ(1時間1296円)とともに愉しみたい。

ローストビーフ丼
900円

醤油ベースで甘みのあるタレと、ヨーグルトを使ったほのかな酸味のソースが相性抜群。ローストビーフは、ランチの丼と夜のアラカルトで毎日14kgも焼いている

モン・トレゾール東京

東京都港区芝5-22-8 ☎03-6809-4983 [営]11時半〜14時半(14時LO)、17時半〜翌3時(料理の注文は22時半LO) [休]日・祝 [席]テーブル4席×6卓、カウンター10席 計34席/カード可/夜のみ予約可/サなし [交]都営浅草線ほか三田駅A3出口から徒歩3分、JR田町駅西口 徒歩5分

電話番号 03-6809-4983
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt