MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京で食べられる「台湾の朝ごはん」人気店3選

東京で食べられる「台湾の朝ごはん」人気店3選

台湾では、朝ごはんを外食したりテイクアウトするのが一般的。そして、そんな台湾の朝食を食べられるお店が、東京で増えているんです。人気の3軒をご紹介します!

perm_media 「台湾の朝ごはん」を食べられる人気店を画像でチェック!! navigate_next

「鹹豆漿(シェンドウジャン)」と「餅」は外せない組み合わせ

“台湾の朝ごはん”人気の火付け役と思われるのが、2019年にオープンした五反田の『東京豆漿生活』。店主の田邊与志久さんと台湾人の奥様が「台湾のゆったりした朝ごはんを東京でも味わってもらいたい」との思いから生まれた店だ。

オープン以降、今でも早朝から行列ができ、売り切れ終いが続いている。不動の人気メニューは「鹹豆漿(シェンドウジャン)」。豆乳に酢を入れてゆるりと固めたスープだ。こちらの店では、味の仕上げにゴマ油や醤油を加えた特製ダレを使っている。

食べる時はレンゲで全体をよく混ぜるのだが、トッピングの干しエビや揚げパン(油條[ヨウティァオ])がスープにからまると、風味とコクがアップ。これに胡麻餅や花生餅といった「台湾餅(タイワンピン)」を合わせるのが本場流。

ちなみに、「餅」はパンのこと。生地は層になっていて、食感はパイのよう。中にぎっしりと詰まった具のおかげで満足度が高く、食後の体はぽかぽか。

店内のインテリアにも台湾らしさが溢れているので、ちょっとした旅気分も味わえる。

東京豆漿生活@大崎広小路

台湾朝食ブームの火付け役!

鹹豆漿(450円)

酢で固まった豆乳はまさに食べるスープ

豆乳の優しい味わいに酸味と塩気がわずかに加わり、ラー油の辛味もあって食欲をそそる。トッピングは店によって少し変わるが、干しエビやネギなどの薬味に揚げパンの油條(ヨウティァオ)を入れるのが一般的。

胡麻餅(230円)、花生餅(250円)

胡麻餅は香ばしさ200%、花生餅はすりつぶしたピーナッツがぎっしり。

ゴマ入りの焼餅(180円)やニラ玉、大根が入った餅(各250円)などが並ぶ。油篠を挟んだ「焼餅油條」も人気。パンの間にパン! も台湾ではポピュラーな食べ方

花生湯ハーフサイズ(450円)

冬季限定のピーナッツスープ。優しい甘さの台湾のおしるこ。

[住所]東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル1階
[電話]03-6417-0335
[営業時間]9時〜15時(売り切れ次第終了)
[休日]日
[交通]東急池上線大崎広小路駅から徒歩2分

『東京豆漿生活』内観

新店が続々オープン。食べ比べも楽しみたい

さてここから紹介するのは、2020年にオープンした新店2軒。

『四ツ谷一餅堂(イッピンドウ)』は、現地と同じようにじっくりと焼き上げた「餅」を提供するために、タンドール窯を改造した特注窯を設置している。

朝ごはんでは、その窯で焼いた「焼餅夾蛋(シャオピンジャーダン)」をぜひ。「焼餅夾蛋」は胡麻をまぶした餅に卵焼きをはさんだもの。調理パン風で朝食にぴったりだ。

11時からの提供だが、「胡椒餅」も外せない。豚肉に利かせたコショウや八角の使い方が絶妙で、やみつきになる美味しさだ。もちろんどちらも「鹹豆漿」との相性は最高。

一方、ごはん系にも力を入れているのが『台湾豆乳大王』。朝は「鹹豆漿」に鶏肉とご飯を加えた胃に優しいお粥があり、「餅」も次々に焼き上がってくる。

人気は台湾式のクレープ「蛋餅(ダンピン)」。食感はモチモチで卵が入っていて腹持ちもよい。昼食が遅くなりそうな朝にもおすすめだ。

実際に食べるとわかるが、台湾の朝食は日本人の口に合う味わいばかり。ここ最近の人気ぶりも納得だ。胃とお財布、両方に優しいのもうれしい。

四ツ谷一餅堂@四ツ谷

遅めの朝食で胡椒餅も!

胡椒餅(450円)

特製窯に張り付く「胡椒餅」

特製窯にナンのように張り付けて、250℃前後でじっくり焼き上げる「胡椒餅」。

窯に張り付いている部分は香ばしくカリっと焼き上がり、口にほおばればスパイシーな豚肉の旨みがじわり。後を引く美味しさ。

焼餅夾蛋(300円)

「焼餅夾蛋」は、台湾のたまごサンド。味付けには自家製のマヨネーズのほかに、隠し味として台湾のとろみ醤油を厳選しコクを出している

とろみ醤油が醸すほのかな甘みと卵の風味が口の中に広がる。

鹹豆漿(500円)

「鹹豆漿」は、豆乳は国産大豆を厳選し毎朝店で搾ったものを使用。酸味をしっかり感じる味わいで、ラー油はあり、なしが選べる。

[住所]東京都新宿区四谷1-17-8 1階
[電話]03-5639-9292
[営業時間]8時~18時
[休日]月、木、日
[交通]地下鉄南北線四ツ谷駅2番出口から徒歩3分

『四ツ谷一餅堂』内観

台湾豆乳大王@九段下

豆乳粥が胃に優しい!

豆乳粥(630円)

油篠や野菜がのった豆乳粥は、薄めのすっきりとした味付け。とろみ醤油や酢などの調味料で自分の好みにアレンジするのもいい 

蛋餅 ノーマル(290円)

小麦粉の薄い皮にネギの入った溶き卵を重ねて鉄板で焼いた「蛋餅(ダンピン)」もまた台湾の朝ご飯の定番メニュー。

台湾のクレープと言われるが甘さはなく、他に日替わりでベーコンとチーズを加えたもの(430円)なども。

昼は「魯肉飯(ルーローファン)」680円、「鶏排(ジーパイ)」590円などがっつり系も並ぶ

[住所]東京都千代田区神田神保町3-9-3 csビル1階
[電話]03-6268-9757
[営業時間]8時〜14時
[休日]土(隔週で月2回)、日、祝
[交通]地下鉄半蔵門線ほか九段下駅A6番出口から徒歩2分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
台湾出身のご夫婦で営む台湾料理店。お母さんが丁寧に作る料理は、なにより食べる人の健康を一番に考えているという。
東京でも台湾のようにゆったり朝ごはんが食べられる。そんな至福が台湾好きに噂を呼び、今では開店前は並ぶほどの人気店に。
店主は中国の茶藝師と評茶員の資格を持つ松田良子さん。台湾まで買い付けに行くという茶葉は、大陸のお茶と台湾茶がおよそ半々。
ここはれっきとした貝の専門店だ。しかも都内で貝料理といえば、必ず名前が上がるほどの店でもある。
大塚在住ライター・菜々山いく子が往くソロめしは、ただのご近所めしにあらず。ネパール、タイ、バングラデシュ、台湾、そのディープすぎる異国情緒に注目です。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル