MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
成城石井大好きライターおすすめ、夏に食べてほしい弁当4選

成城石井大好きライターおすすめ、夏に食べてほしい弁当4選

19都府県で展開しているスーパーマーケット『成城石井』。そんな成城石井を愛してやまないライター・フードスタイリストによる、レコメンド商品の紹介記事がスタート。まずは夏に食べてほしいお弁当を4品お届けします。

perm_media 『成城石井』夏に食べてほしい弁当を写真でチェック! navigate_next

美味しさと品質にこだわった食料品が並びデイリーからちょっといいものまで取り揃う『成城石井』。

特に成城石井自家製の商品は美味しいだけでなく保存料、合成着色料、合成甘味料不使用ということもありファンも多い。もれなく私もそのひとりで、ごはんを作りたくない日はお惣菜コーナーに頼ることにしている。近所に成城石井があることに感謝!

今回は大好きな成城石井の、お弁当のクオリティが高くコスパも最高! ということをひとりでも多くの人に知ってもらいたく、今の季節におすすめの厳選4品をご紹介します。

食べ応えがあって腹持ちよし「海老と人参のソムタム風サラダそうめん」

「海老と人参のソムタム風サラダそうめん(成城石井自家製)」647円

これからの季節にぴったりの、さっぱりピリ辛麺。

「ソムタム」とはタイの伝統的な料理で青パパイヤのスライスをナンプラー、ニンニク、ライム、こあみなどで味付けしたもの。そのソムタムと極細麺を使用した「ソムタムカノムチン」という料理を、日本風にそうめんでアレンジしている。

ドレッシングはナンプラー、ニンニク、ライム、唐辛子の他、日本人に馴染みのある梅肉や黒蜜を隠し味で使用している。

成城石井定番のお惣菜「生春巻き」を麺にしたような感じで、ニンジンの食べ応えがあるからサラダだけ食べるより腹持ちがいい。ヘルシーかつ満腹になれるのは今回紹介する中でもNo.1。

旨みの利いたあんと麺にハマる「1/2日分野菜のあんかけ焼きそば」

「1/2日分野菜のあんかけ焼きそば」498円

成城石井のお弁当は華やかな盛り付けが多い。
そんな中、見た目は地味だけど惹かれてしまう我が家のリピ率ナンバーワンは「あんかけ焼きそば」である。

野菜が1日の2分の1の量を摂れるのはもちろん魅力的だが、やみつきになるのは旨みの利いたあんと麺にある。味が濃過ぎずこってりしていないあんは絶妙で、紹興酒より白ワインに合う上品な味付け。あんにしっかりとからむ細めの中華麺は、電子レンジで温めてもぺちゃっとせず程よいかたさをキープ。

あんかけにはお酢をかけたくなるが、この商品は完璧なバランスなのでそのままで食べたい。

夏は冷たい麺を選びがちだが、冷たいものばかり食べると夏バテにもなりやすい。そんな時、胃に重たくない温野菜がたっぷり入ったあんかけ焼きそばはピッタリ!

野菜たっぷりでスパイシー「鶏ひき肉のピリ辛ガパオライス」

「鶏ひき肉のピリ辛ガパオライス」647円

本来ガパオライスは肉、ピーマン、バジルを炒めオイスターソースやナンプラーなどで味付けし、ご飯にかけ目玉焼きをのせた「バジル炒めごはん」だが、成城石井のガパオライスはちょっと違う

国産鶏挽き肉、クミンで味付けしたスパイシーなじゃがいも、自家製のフライドオニオン、ゆで卵、かぼちゃ、いんげん、赤と黄のパプリカも添えられ彩り豊か。

鶏挽き肉はタイ料理でよく使用されるシーユーダム(大豆から作られたコクのある醤油)、シーズニングソースなどで味付けされた本格派。刻んだアーモンド、フライドオニオンの香ばしさと玉ネギの甘みも程よく味に変化をプラスしてくれるので最後まで飽きずに食べられる。ピリ辛というが辛さは控えめ。

食欲が落ちる夏は見た目がボリューミーだから敬遠してしまいそうだが、ひと口食べればもうひと口食べたくなり、ご飯も、野菜も、とついつい食べ進めてしまう魔力がある。むしろ食欲が増すのだ。

リピーターが多いのも頷ける定番の人気商品だ。

見た目以上に軽やか「帆立のたらこバタートマトクリームパスタ」

「帆立のたらこバタートマトクリームパスタ」538円

たらこバタートマトクリームだと濃厚クリームソースなのか?と思いきや、食べてみると軽やかでやさしい味
たらこのプチっと感とバターの風味がしっかりと感じられるクリームソースだ。トマトはあまり主張がなく、ソースに爽やかさと旨味を増してくれる、まさに名脇役

具は帆立、イカ、ブロッコリーで彩り、食感、美味しさUP。そして、たらこバターと最高の組み合わせの刻み海苔も欠かせない存在だ。

成城石井のパスタ・ペンネは種類豊富だが赤ワインに合うような濃厚味が多い。そんな中この軽やかさは暑い夏でもするっと食べられる。お気に入りのパスタである。

成城石井グルメを楽しもう

よく利用している『成城石井 下北沢店』

成城石井は品揃え豊富で美味しいものの宝庫。

特にお弁当コーナーは多国籍でバラエティに富んだラインナップ。本格的だけど日本人の味覚に合うよう工夫されているので、食べたことのない料理も手に取りやすい。

食材や味付けなど、一つひとつにこだわりを持って作られているのに500円前後のリーズナブルな価格設定も魅力的なお弁当、ぜひ一度食べてみて!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
田村佳奈子

下北沢在住のフードスタイリスト・フードライター。成城石井、カルディをこよなく愛し毎日のように通う。スイーツとお酒、パンが好き。限定品にすこぶる弱い。チョコレートを食べない日はない甘党。

関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
7月26日、ユネスコの世界遺産委員会が、奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島を世界自然遺産に登録といううれしいニュースが飛び込みました。そのひとつ、徳之島にある島みかん「シークニン」の果汁がなかなか万能なのです。
「嘉之助」、というウイスキー蒸溜所の名前を聞かれたことはあるだろうか。ウイスキー好きを自認する人でも、まだご存じない方もいるだろう。それもそのはず、嘉之助蒸溜所は2021年6月16日に初めてウイスキーをリリースしたばかりの新しい蒸溜所だ。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル