MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
もつやき もつ吉分店|希少レモンのレモンサワーに希少モツが絡み合う悦楽の時(もつやき/荻窪)

もつやき もつ吉分店|希少レモンのレモンサワーに希少モツが絡み合う悦楽の時(もつやき/荻窪)

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載。「もつ吉分店」はスペシャルなレモンサワーを2種類用意。レモンを蜂蜜につけて熟成させた“蜂蜜レモン”をベースにした「自家製蜂蜜レモンサワー」。そして、レモン半分を手で搾って投入する「スーパーレモンサワー」だ。[交]JR中央線ほか荻窪駅西口より徒歩3分

もつやき もつ吉分店(最寄駅:荻窪駅)

朝挽きのモツのみを、それも希少部位をも多種取り揃え、なおかつただ焼くだけにはあきたらない調理法で供する、モツ好きならずとも垂涎の店!そしてこの店はスペシャルなレモンサワーを2種類用意。レモンを蜂蜜につけて熟成させた“蜂蜜レモン”をベースにした「自家製蜂蜜レモンサワー」。そして、レモン半分を手で搾って投入する「スーパーレモンサワー」だ。 どちらもゼウスタワーから刺激度極まりない強炭酸を注いで完成だが、注目したいのは、そこに使用されているレモン。完全無農薬で栽培された皮まで食べられる広島の“岡本さんの太陽のレモン”である。舌で、そして食道で、本物のレモンがそのポテンシャルを主張。単品で飲んでも十分に旨いが、モツと絡み合うことで悦楽の時間を演出してくれる。

スーパーレモンサワー
626円

レバ刺しは低温調理され、そのネットリとした濃厚さたるや極限値! 飲み込むのがもったいない。

自家製蜂蜜レモンサワー
648円

レバ刺し
702円

やきとん 盛り合わせおまかせ5本
900円

上のおまかせの焼きとんは日によって変わるが、右から上レバー、上タン、生ガツ芯、ハラミ、動脈。下のあみレバーのように焼くだけではない、部位に合った様々な技法でモツが登場する

名物 極上あみレバー
702円

もつやき もつ吉分店

東京都杉並区荻窪5-13-5 緑ビル1F ☎03-6279-9197 [営]17時~24時(23時LO) [休]年末年始 [席]カウンター10席 、4名席×3卓、個室8名×1卓 計30席/全席喫煙/カード可/予約可/サなし、お通し350円別 [交]JR中央線ほか荻窪駅西口より徒歩3分

電話番号 03-6279-9197
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt