MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
五感を刺激する計算された「沿露目」の至極のレモンサワー(バー/門前仲町)

五感を刺激する計算された「沿露目」の至極のレモンサワー(バー/門前仲町)

おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載。ほのかな明かりに照らされるカウンターだけの店内。しかし、そこに腰を落ち着けた刹那に、この店の携えた類まれなる底力は、すべての客の五感にヒシヒシと迫ってくる。そんな「沿露目 (ゾロメ)」の破壊力を端的に具現化しているのが[交]門前仲町駅1番出口徒歩3分

酒亭 沿露目(ゾロメ)(最寄駅:門前仲町駅)

「国産レモンサワー」は苦みが出ないように皮を剥いた国産レモンをハンドジューサーで搾り、焼酎ではなくビーフィーターのジン47度、そしてフィバーツリーのトニックウォーターを合わせステアし、さらに炭酸少々、最後に1片のレモンピールをひねってレモンのエキスを滴下する。 薄張りのグラスからその液体を嚥下すれば、ひと口のお酒に心ときめいている自分がいる。 微細なまでに計算された酒菜の数々。豊富な日本酒。ああもうただただ、この店で呑み続けたい気分になってしまうのだ。

国産レモンサワー
972円

深川春巻は、シイタケ、春雨、ニラ、レンコンに、深川名物のアサリがこれでもかと入る。付け合わせの香菜が大量投与されたサラダも美味で、レモンサワーと相性◎

深川春巻
648円

〆鯖ホットサンド
972円

〆鯖を玉ねぎ、大葉とともにホットサンドにした、ツマミにも〆にもなるこの料理は、うっすらと漂うカレーの香りがアクセント

酒亭 沿露目

■酒亭 沿露目
[住所]東京都江東区富岡1-12-6 阿久津ビル 1階
[TEL]03-5875-8382
[営業時間]17時~翌1時(24時15分LO)
[休日]日
[座席]カウンター8席 立ち席2席 計10席/分煙/予約可/カード不可/サなしお通し600円
[アクセス]地下鉄東西線ほか門前仲町駅1番出口徒歩3分

電話番号 03-5875-8382
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル