MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
代々木上原で「男のひとりめし」|オトナノイザカヤ中戸川

代々木上原で「男のひとりめし」|オトナノイザカヤ中戸川

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。イタリアでの修業経験もある代々木上原「オトナノイザカヤ中戸川」の店主、中戸川さんのパスタが絶品。各料理がワインにも日本酒にもクロスオーバーして合う。

perm_media 《画像ギャラリー》代々木上原で「男のひとりめし」|オトナノイザカヤ中戸川の画像をチェック! navigate_next

オトナノイザカヤ中戸川(最寄駅:代々木上原駅)

イタリアンと和を行きつ戻りつ、クロスオーバーしつつ

ムショーにおいしいパスタを食べたくなる日がある。

というか手打ちでモチッと、ソースが絡み、噛みしめるとニンマリするようなやつ。すかさずキリッとワインで後を追いたい。すわ、イタリアンへ!? 

いやもっとオトナな選択肢がある。

こちら『中戸川』だ。イタリアでの修業経験もある店主・中戸川さんのパスタが絶品なのはもちろん、メニューを見たらまた唸っちゃう。そそられるイタリアンメニューに混在して、旬の食材や新鮮な魚を生かした和なメニューや日本酒も! 各料理がワインにも日本酒にもクロスオーバーして合う。設計と言っては大げさだが、たとえばパスタを軸に和と伊を行きつ戻りつ楽しめる。驚きと自由さがうれしい、極上ひとりめしなのだ。

北イタリア風鮎の白ワイン煮
1350円

ピュアでコクのある「北イタリア風鮎の白ワイン煮」(1350円)に力強くクリアな「王祿」(1合1250円)がバシッと合う

イベリコ豚とマッシュルームの煮込みピーチ
1500円

パスタ「イベリコ豚とマッシュルームの煮込みピーチ」はポーションを絞って1500円。豚ときのこの旨みが絡み、もちもち噛みしめるほどに旨い!

だるま政宗風味の酔っ払いしじみ
650円

「だるま政宗風味の酔っ払いしじみ」(650円)。貝のエキスと熟成酒のキャラメルぽさが感じられる絶妙なアテ。サルデーニャの赤ワインとも合う!

中戸川

[住所]東京都渋谷区上原1-33-12 ちとせビル2F [TEL]03-6416-8086 
[営業時間]17時半〜翌1時(24時LO)、日曜〜22時半(21時半LO) 
[休日]月(祝日は営業で翌火曜) 
[席]21席(カウンター7席)/カード可(5000円以上)/予約可/お通し500円 
[交通アクセス]小田急線・地下鉄千代田線代々木上原駅南口1番出口から徒歩30秒

電話番号 03-6416-8086
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷を代表する大衆酒場『富士屋本店』。昨年、再開発のため45年の歴史に幕を下ろした。
開店は昼の12時。ランチを食べている人の隣で、昼飲みをしている人がいる。そんな自由な空気感がなんとものんびりしている。「お酒が飲める食堂みたいなイメージで作りました。近所の人に普段着で来てもらえたら」と、店主の「おーにゃん」さん。
店内にドドンと太鼓の音が鳴り響き、よっ! 待ってましたと拍手喝采。包丁1本でマグロを捌く解体ショーの始まり始まり~。
刺身を見た瞬間、光り輝く美しさに脂ノリの良さを確信した。口にすると期待の上をいく、とろけるような甘みに驚く。
なんとも肩肘張らない居心地のいい雰囲気だ。今も一番出るというモツ焼を看板にして、昭和58年開店。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
444views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル