MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
代々木上原で「男のひとりめし」|オトナノイザカヤ中戸川

代々木上原で「男のひとりめし」|オトナノイザカヤ中戸川

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。イタリアでの修業経験もある代々木上原「オトナノイザカヤ中戸川」の店主、中戸川さんのパスタが絶品。各料理がワインにも日本酒にもクロスオーバーして合う。

オトナノイザカヤ中戸川(最寄駅:代々木上原駅)

イタリアンと和を行きつ戻りつ、クロスオーバーしつつ

ムショーにおいしいパスタを食べたくなる日がある。

というか手打ちでモチッと、ソースが絡み、噛みしめるとニンマリするようなやつ。すかさずキリッとワインで後を追いたい。すわ、イタリアンへ!? 

いやもっとオトナな選択肢がある。

こちら『中戸川』だ。イタリアでの修業経験もある店主・中戸川さんのパスタが絶品なのはもちろん、メニューを見たらまた唸っちゃう。そそられるイタリアンメニューに混在して、旬の食材や新鮮な魚を生かした和なメニューや日本酒も! 各料理がワインにも日本酒にもクロスオーバーして合う。設計と言っては大げさだが、たとえばパスタを軸に和と伊を行きつ戻りつ楽しめる。驚きと自由さがうれしい、極上ひとりめしなのだ。

北イタリア風鮎の白ワイン煮
1350円

ピュアでコクのある「北イタリア風鮎の白ワイン煮」(1350円)に力強くクリアな「王祿」(1合1250円)がバシッと合う

イベリコ豚とマッシュルームの煮込みピーチ
1500円

パスタ「イベリコ豚とマッシュルームの煮込みピーチ」はポーションを絞って1500円。豚ときのこの旨みが絡み、もちもち噛みしめるほどに旨い!

だるま政宗風味の酔っ払いしじみ
650円

「だるま政宗風味の酔っ払いしじみ」(650円)。貝のエキスと熟成酒のキャラメルぽさが感じられる絶妙なアテ。サルデーニャの赤ワインとも合う!

中戸川

[住所]東京都渋谷区上原1-33-12 ちとせビル2F [TEL]03-6416-8086 
[営業時間]17時半〜翌1時(24時LO)、日曜〜22時半(21時半LO) 
[休日]月(祝日は営業で翌火曜) 
[席]21席(カウンター7席)/カード可(5000円以上)/予約可/お通し500円 
[交通アクセス]小田急線・地下鉄千代田線代々木上原駅南口1番出口から徒歩30秒

電話番号 03-6416-8086
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
下町酒場は陽気なムードと安くて旨い料理が魅力。そこにクラフトビールやこだわりの日本酒、ナチュラルなワインが加わったこの店は最強だ。
またひとつ渋谷にいい店が誕生した。超人気の日本酒居酒屋『高太郎』を経て今年独立した酒井さん。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt