MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar Misty|フルーツ本来の味を超えるように華麗にアレンジ(バー/銀座)

Bar Misty|フルーツ本来の味を超えるように華麗にアレンジ(バー/銀座)

フレッシュフルーツのカクテルを楽しむならこちら。店主の三澤さんは、年間300種のオリジナルカクテルを生み出し、カクテルアーティストを名乗る。Bar Misty(ミスティ)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

Bar Misty(最寄駅:銀座駅)

各地の県庁などから特産品を使ったカクテル作りの依頼を受け、フルーツが持ちこまれる。今回選んだのは、東日本大震災の被災地・宮城県の亘理町のイチゴと、長崎県の茂木びわ、沖縄県のパッションフルーツ。イチゴはフローズンダイキリに、びわは清美オレンジと合わせて、パッションフルーツはパイナップルとスムージー風にと、次々とカクテルが仕上がる。そのデコラティブなデザインは、見るだけで心が躍る。

長崎県産茂木びわと清美オレンジの“果肉たっぷり”ワインクーラー 
1800円

びわの繊細な風味を活かした白ワインベースのカクテルと、自家製アセロラジャム入りで後味スッキリのストロベリーダイキリ

宮城県亘理町産いちごのフローズンストロベリーダイキリ
1600円

沖縄産パッションフルーツとパイナップルのスムージー・カクテル
1500円

甘くスッキリした味にパッションフルーツの歯応えが心地よい

Bar Misty

東京都中央区銀座7-6-5 石井紀州屋ビル3階 ☎03-6264-6845 [営]18時~翌4時、土18時~23時 [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル16席 計21席/禁煙席なし/予約可/カード可/サ10%、チャージ1000円別 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

電話番号 03-6264-6845
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt