MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar Misty|フルーツ本来の味を超えるように華麗にアレンジ(バー/銀座)

Bar Misty|フルーツ本来の味を超えるように華麗にアレンジ(バー/銀座)

フレッシュフルーツのカクテルを楽しむならこちら。店主の三澤さんは、年間300種のオリジナルカクテルを生み出し、カクテルアーティストを名乗る。Bar Misty(ミスティ)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

Bar Misty(最寄駅:銀座駅)

各地の県庁などから特産品を使ったカクテル作りの依頼を受け、フルーツが持ちこまれる。今回選んだのは、東日本大震災の被災地・宮城県の亘理町のイチゴと、長崎県の茂木びわ、沖縄県のパッションフルーツ。イチゴはフローズンダイキリに、びわは清美オレンジと合わせて、パッションフルーツはパイナップルとスムージー風にと、次々とカクテルが仕上がる。そのデコラティブなデザインは、見るだけで心が躍る。

長崎県産茂木びわと清美オレンジの“果肉たっぷり”ワインクーラー 
1800円

びわの繊細な風味を活かした白ワインベースのカクテルと、自家製アセロラジャム入りで後味スッキリのストロベリーダイキリ

宮城県亘理町産いちごのフローズンストロベリーダイキリ
1600円

沖縄産パッションフルーツとパイナップルのスムージー・カクテル
1500円

甘くスッキリした味にパッションフルーツの歯応えが心地よい

Bar Misty

東京都中央区銀座7-6-5 石井紀州屋ビル3階 ☎03-6264-6845 [営]18時~翌4時、土18時~23時 [休]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル16席 計21席/禁煙席なし/予約可/カード可/サ10%、チャージ1000円別 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

電話番号 03-6264-6845
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
145views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt