MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が一年中提供している冷やし中華のひとつ。ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。[交]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

珉亭(最寄駅:下北沢駅)

 うっとりするほど澄んだ甘酢醤油スープ。麺は細めで歯切れよく、上には肩ロースを使った自家製チャーシューとキュウリ、手作りしたキムチの浅漬け、刻みノリがのる。極めてシンプルなのに、すっきりとした酸味と優しく広がるキムチの風味のバランスのとれた味わいに、惹きつけられてやまない。この「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が通年提供している冷やし中華のひとつ。細麺をズズッと手繰れば、暑さでほてった身体に清涼感と元気がみなぎるようだ。他にもチャーシューにキュウリ、玉子と刻みノリ、紅生姜がのるオーソドックスな「冷やしそば」(800円)、「ねりごま冷やし」(850円)など、冷やし中華だけでも5種類が堪能できる。 ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。

冷やし江戸っ子
900円

醤油と酢、砂糖少々というシンプル極まりない味付け。実にさっぱりとしていて、そこにキムチの風味が加わることで一層食欲をそそる完成度の高い一品に。肩ロースを使ったチャーシューは肉がほどけるように柔らかく、キュウリとの食感のコントラストもいい

チャーハン
800円

冷やし中華と並ぶ店の名物メニュー。赤く煮たチャーシューが縁起物だった昔の名残りで、今もチャーハン専用の赤いチャーシューを店で作っている。卵とネギとともに見事なスピードで炒められたピンク色のお米を頬張ると、どこか懐かしく優しい味わい。ファンが多いのも納得

珉亭

[住所]東京都世田谷区北沢2-8-8
[TEL]03-3466-7355
[営業時間]11時半~23時半
[休日]月(祝の場合は営業、翌日休み)
[座席]1階:カウンター12席、テーブル席8席 2階:座敷最大40席 計60席/禁煙席なし/2階席に限り平日のみ予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3466-7355
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
店主・関口さんはソルトコーディネーターでもある塩のスペシャリスト。高知県産の4種に、複雑味を生むベトナム産の計5種類の天日塩をブレンドしたタレは、旨みや甘みを含んだ柔らかなタッチ。
もとは約70年続いた中華料理店。3代目が一念発起し、ラーメン専門店として2年前に再出発した。
キレのある辛さと爽やかな香りが舌と鼻腔をガツンと刺激! 池袋『桑ばら』、神田『MANNISH』という人気店2軒がコラボして昨年7月に誕生した。
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt