MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)

「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が一年中提供している冷やし中華のひとつ。ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。[交]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》「珉亭」の冷やし中華はすっきりと澄んだ醤油スープでツルッといく幸せ(ラーメン/下北沢)の画像をチェック! navigate_next

珉亭(最寄駅:下北沢駅)

 うっとりするほど澄んだ甘酢醤油スープ。麺は細めで歯切れよく、上には肩ロースを使った自家製チャーシューとキュウリ、手作りしたキムチの浅漬け、刻みノリがのる。極めてシンプルなのに、すっきりとした酸味と優しく広がるキムチの風味のバランスのとれた味わいに、惹きつけられてやまない。この「冷やし江戸っ子」は、昭和39年創業の『珉亭』が通年提供している冷やし中華のひとつ。細麺をズズッと手繰れば、暑さでほてった身体に清涼感と元気がみなぎるようだ。他にもチャーシューにキュウリ、玉子と刻みノリ、紅生姜がのるオーソドックスな「冷やしそば」(800円)、「ねりごま冷やし」(850円)など、冷やし中華だけでも5種類が堪能できる。 ピンク色をした名物のチャーハンしかり、メニューのほとんどが昭和のままなら、店内も昭和の風情そのもの。下北沢で半世紀近く愛される昔ながらの味を求め、客は引きも切らない。

冷やし江戸っ子
900円

醤油と酢、砂糖少々というシンプル極まりない味付け。実にさっぱりとしていて、そこにキムチの風味が加わることで一層食欲をそそる完成度の高い一品に。肩ロースを使ったチャーシューは肉がほどけるように柔らかく、キュウリとの食感のコントラストもいい

チャーハン
800円

冷やし中華と並ぶ店の名物メニュー。赤く煮たチャーシューが縁起物だった昔の名残りで、今もチャーハン専用の赤いチャーシューを店で作っている。卵とネギとともに見事なスピードで炒められたピンク色のお米を頬張ると、どこか懐かしく優しい味わい。ファンが多いのも納得

珉亭

[住所]東京都世田谷区北沢2-8-8
[TEL]03-3466-7355
[営業時間]11時半~23時半
[休日]月(祝の場合は営業、翌日休み)
[座席]1階:カウンター12席、テーブル席8席 2階:座敷最大40席 計60席/禁煙席なし/2階席に限り平日のみ予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京王井の頭線ほか下北沢駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3466-7355
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍において、飲食店が様々なスタイルを取り入れ、攻めの姿勢を見せています。福岡・大濠公園の人気店『焼き鳥 鳥次』、『水炊き橙』が新たに仕掛けたのは、二毛作。昼はラーメン店、夜は鳥料理をメインとした飲み屋です。すでに評判を呼んでいるお店へ行ってきました。
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回は東海地方のラーメンチェーン『うま屋』。チェーンの粋を超える旨さです!
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介! 今回は名古屋市中村区の中華料理店。思い出の味というチャーラーとは。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル