MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
創作料理・無国籍料理
そば・うどん
洋食・西洋料理
ラーメン・つけ麺
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • 口の中で美味炸裂!焼きとんの実力店
  • 旬の味をたっぷり味わう 秋の炊き込みご飯
  • 東京の趣きある建築物に出合ってみませんか? 名建築を巡るさんぽ

「 名古屋グルメ 」 の検索結果

表示順:
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt