MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
居酒屋・ダイニングバー
パン・サンドイッチ
テイクアウト・手土産
おいしくて、ためになる食のニュースサイト

「 大阪府 」 の検索結果

表示順:
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
裏路地、目の前に防波堤、ビル2階。なぜこの場所に?との問いに「市場に近いから」と田井中さん。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
あまり人には教えたくないお店って誰もが一つや二つあるハズ。今回、紹介する飲食店はまさに“通”を気取れるお店だ。 知る人ぞ知る、四ツ橋の名店「四ツ橋カフェ」である。 屋号にカフェが入っていると名物はスイーツとか、カフェオレなんて女子色が強いメニューを想像するけど、実はココ。名物はハンバ~グなのだ!
屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。 実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、一品料理を食せるお店にするという。 ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。
靴を脱いでコの字型のカウンターでお酒を傾けてリラックス。一人酒でもちょうどええ、気取らないこの雰囲気。好きっきやわ~。 場所は新大阪駅東口から徒歩10分。もしくは東三国駅から徒歩数分と絶好のロケーションにある呑み処「紋」は、つい先日8月27日にオープンしたばかりだ。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt