MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
スパイス&ハーブ居酒屋やるき|インド人店主が次々と繰り出すスパイシー居酒屋料理(居酒屋/新中野)

スパイス&ハーブ居酒屋やるき|インド人店主が次々と繰り出すスパイシー居酒屋料理(居酒屋/新中野)

どこから見ても普通の居酒屋の風情ながら、店内に一歩入るとスパイスの刺激的な香りが漂ってくる。こちらの主人はインド出身のトニーさん。※ランチタイムあり

スパイス&ハーブ居酒屋やるき(最寄駅:新中野駅)

とある大手居酒屋できっちりと和食の修業を重ね、インドテイストの居酒屋料理を生み出した。驚くのはその和×印の融合がとても自然なこと。たとえば「スパイシーおでん」はカレー味のおでんとは一線を画す想像以上の完成度。思わず汁まで飲み干してしまうほどだ。タンドリー焼鳥も絶妙にいい。旨さの秘訣はインド人ならではの感性をフルに回転させて配合するスパイス使い。すべての料理に合わせて、スパイスの配合を変えているのだ。 ツウが認める日本酒銘柄が、日替わりで登場するのもうれしいかぎり。スパイスと日本酒の意外なほどの相性の良さを発見できる店なのだ。

タンドリーチキン焼鳥 195円スパイシービーフ 270円

食べ応えのある大ぶりの串焼きは4種類。タンドリーチキンはネギマになっている。ホットソースをつけて。スパイシーな牛肉の串焼きは酸味のあるミントソース添え。辛さを和らげてくれるウォッカラッシーと一緒に

ウォッカラッシー
486円

まぐろとパクチーのカルパッチョ
350円

いいマグロが手に入るのも自慢。大トロ、中トロ、赤身とパクチーやレッドオニオン、パプリカなどを和えて、オリーブオイルや醤油、ワサビを使ったドレッシングで味付けしている

日本酒のほかインドウイスキーやビールなども充実

マトンカレー
648円

カレーはランチも夜も同じ価格。ご飯抜きでカレーだけをつまみにするのもOK

スパイス&ハーブ居酒屋やるき

[住所]東京都中野区本町4-36-7 1・2F [TEL]903-6304-8373 [営業時間]火〜金11時半~14時半、月〜金17時~23時、土16時〜22時、祝17時~23時 [休日]日 [席]1階カウンター7席、テーブル10席、2階カウンター10席、テーブル10席、計37席/1階喫煙(ランチは禁煙)、2階禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代別216円 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線新中野駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-6304-8373
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
223views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt