MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ランブータンはアジアで人気のローカルフードが揃う(アジアンダイニング/新宿三丁目)

ランブータンはアジアで人気のローカルフードが揃う(アジアンダイニング/新宿三丁目)

「ランブータン」はタイ、インドネシア、ベトナムを中心としたエスニックフードと、こだわりの肉料理をカジュアルに楽しめるアジアンダイニング。ニンニクやニラを使わずオリーブオイルで焼き上げるヘルシーなアジアン餃子やパクチー尽くしのコースなど個性的なメニューが並ぶ。 ※ランチタイムあり

CAFE RAMBUTAN|ランブータン(最寄駅:新宿三丁目駅)

カクテルではナント100種類のオリジナルモヒートを用意。気軽に一杯から本格的な食事まで幅広く使える店だ。リゾート感あふれるインテリアも魅力。

バリの串焼き サテ盛合せ 
1058円

バリの屋台の味。鶏肉、ラム肉、日向鶏、つくねの4種セット。スパイスを巧みに使ったエスニックな味わいだ。

ランブータンの温玉ナシゴレン
950円

香り豊かなタイ産ジャスミン米と国産米をブレンド。温泉玉子を軽く混ぜていただく

CAFE RAMBUTAN

東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル7階 ☎03-5367-5666 [営]11時~24時(ランチ~15時、カフェ15時~17時、ディナー17時~24時) [休]無休

電話番号 03-5367-5666
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ヘルシーかつスパイシーな南インド料理を日本に定着させた立役者のひとつである同店が、さらなる挑戦に挑んでいる。南インドを中心とした伝統的なインド料理に、フレンチや和食、中東など世界各地の食の技法や食材をミックス。
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt