MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

『どん底』の国内唯一の姉妹店としてオープンしたナドニエ。クラシックで重厚感あふれる雰囲気の中、100種を超えるカクテルや、60種類ものウイスキーなど、豊富なアルコールを愉しめる。

ナドニエ(最寄駅:新宿三丁目駅)

料理も充実しており、本店の名物であるミックスピザはそのままメニューに残しながらも、より手間ひまをかけた、洗練された味を打ち出している。気軽に1杯から食事まで幅広い利用が可能だ。2時間飲み放題付きのコースは3500円(6名以上)とお得。店名はロシア語で「どん底」を意味する。

豚バラ肉の白ワイン煮
900円

〜4時間かけて煮込み、とろけるような柔らかさ。醤油と生クリームで深いコクを出す

彩り野菜のフラッペ添え
780円

鯛のアラからとるダシで野菜を炊き、シャーベット状の鯛ダシを添えた涼しげな一品

ナドニエカクテル
650円

ウオッカベースで、スッキリとして料理との相性もいい

「どん底」のミックスピザ
Mサイズ 1300円

サクサクの自家製生地に、ゴーダとマリボーの2種のチーズがたっぷりのる

ナドニエ

■『ナドニエ』
[住所]東京都新宿区新宿3-8-7 吉川ビル3階
[TEL]03-6457-8030
[営業時間]18時〜翌3時(フード翌2時、ドリンク翌2時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター17席、テーブル2席×6卓、4席×3卓 計41席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、チャージ300円別
[アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C5出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-8030
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店名のペリメニとは、パスタ生地に詰め物をして帽子型に包んだもので、ロシア風水餃子とも言われる。店主の小山さんがひとりで営むこの店では、ペリメニを看板料理に掲げ、ワインやミード(はちみつ酒)などを出す。
2018年12月14日にオープンした「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」4階のオールデイダイニング。シャンパンの泡をモチーフにしたオブジェが目を引く開放的な空間で、洗練されたサービスに身を委ねて食事できる。
「須永辰緒や沖野修也がDJをするホステルがある」。90年代の渋谷を謳歌した人なら、きっと食指が動くはず。
 8種のタップを揃えるビールは国内、海外混合。うち1タップはKOMBUCHA(発酵ドリンク)。
しっぽりとビールを飲むならココ。ドラフトは国内、ボトルは海外を中心にセレクト。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
140views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt