MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

『どん底』の国内唯一の姉妹店としてオープンしたナドニエ。クラシックで重厚感あふれる雰囲気の中、100種を超えるカクテルや、60種類ものウイスキーなど、豊富なアルコールを愉しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店の画像をチェック! navigate_next

ナドニエ(最寄駅:新宿三丁目駅)

料理も充実しており、本店の名物であるミックスピザはそのままメニューに残しながらも、より手間ひまをかけた、洗練された味を打ち出している。気軽に1杯から食事まで幅広い利用が可能だ。2時間飲み放題付きのコースは3500円(6名以上)とお得。店名はロシア語で「どん底」を意味する。

豚バラ肉の白ワイン煮
900円

〜4時間かけて煮込み、とろけるような柔らかさ。醤油と生クリームで深いコクを出す

彩り野菜のフラッペ添え
780円

鯛のアラからとるダシで野菜を炊き、シャーベット状の鯛ダシを添えた涼しげな一品

ナドニエカクテル
650円

ウオッカベースで、スッキリとして料理との相性もいい

「どん底」のミックスピザ
Mサイズ 1300円

サクサクの自家製生地に、ゴーダとマリボーの2種のチーズがたっぷりのる

ナドニエ

■『ナドニエ』
[住所]東京都新宿区新宿3-8-7 吉川ビル3階
[TEL]03-6457-8030
[営業時間]18時〜翌3時(フード翌2時、ドリンク翌2時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター17席、テーブル2席×6卓、4席×3卓 計41席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、チャージ300円別
[アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C5出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-8030
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昼はポークジンジャー専門店、夜はレモンや旬のフルーツのサワーが自慢の飲み屋さん、おまけに無農薬野菜の販売店も兼ねる三毛作の店。トコトン旨い豚を追い求める我々が注目したのはもちろん昼部門だ。
看板はない。雑居ビルのフロア案内板に、マジックで書かれた“SOBER”の文字が目印。
店名のペリメニとは、パスタ生地に詰め物をして帽子型に包んだもので、ロシア風水餃子とも言われる。店主の小山さんがひとりで営むこの店では、ペリメニを看板料理に掲げ、ワインやミード(はちみつ酒)などを出す。
2018年12月14日にオープンした「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」4階のオールデイダイニング。シャンパンの泡をモチーフにしたオブジェが目を引く開放的な空間で、洗練されたサービスに身を委ねて食事できる。
「須永辰緒や沖野修也がDJをするホステルがある」。90年代の渋谷を謳歌した人なら、きっと食指が動くはず。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル