MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(5) 信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(5) 信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影

 1997年まで運転していた信越本線の碓氷峠、麓の駅のホームで買った釜飯の話です  うまいですよねぇ。「おぎのや峠の釜めし」。鶏の炊き込みご飯、ごぼう、シイタケ、鶉のタマゴ……それにグリーンピースとあんず。ほんとうに絶妙のバランスです……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(5) 信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影の画像をチェック! navigate_next

信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影

上野駅発の特急あさまが横川駅に到着、勾配専用の機関車EF63、2両が連結されていた。(1983年撮影)

 1997年まで運転していた信越本線の碓氷峠、麓の駅のホームで買った釜飯の話です

 うまいですよねぇ。「おぎのや峠の釜めし」。鶏の炊き込みご飯、ごぼう、シイタケ、鶉のタマゴ……それにグリーンピースとあんず。ほんとうに絶妙のバランスです。数えたわけではないのですが、たぶん過去にいちばんたくさん食べた駅弁です。その証拠に、家の片隅に、なぜか捨てられない釜が、けっこうな数積み上がっています。

 少しマニアックな話になりますが、群馬県と長野県の県境にある碓氷峠(うすいとうげ:信越本線横川~軽井沢間)は、長野新幹線が走るまで約3.8度の勾配という、鉄道としてはものすごい急坂の難所でした。峠の麓にある横川駅では下り列車に対して急坂を押し上げるための機関車を2両連結します。上り列車では、峠の頂にある軽井沢駅で連結し、ブレーキを利かせて下ってきた機関車を切り離します。この停車時間を利用して乗客ではホームに降りてゆっくりと駅弁を買うことができたわけです。

 たくさんの機関車が往き来する鉄道の街で買う釜飯、なつかしい風景です。


 碓氷峠の区間は1997年に廃止されて、東京~長野を結ぶルートは北陸新幹線(開業当時は「長野行き新幹線」と呼ばれていました)へ移り、勾配を感じる間もなく進んでゆきます。

 ホームで買う釜飯はなくなりましたが、群馬県や長野県の駅やドライブインで今も買うことができます。東京でも東京駅にある駅弁売店「祭り」にも並びます。さらに2017年4月には「GINZA SIX」本館B2Fに荻野屋東京1号店ができました。

 1958年にできて、今に伝わる駅弁。また陶器の釜が積みあがってしまいそうです。

おぎのやの峠の釜めし、できてからもうすぐ60年を迎える老舗の駅弁だ。

機関車を連結する時間で、乗客はホームに降りてゆっくりと駅弁を買うことができた。(1983年撮影)

秋の碓氷峠を走る特急あさま、手前のレンガのアーチ橋は、明治26年から昭和36年まで使われた旧路線跡。(1995年撮影)

1997年にこの区間が廃止になるころ、鉄道ファンがたくさん訪れた。(1997年撮影)

峠の上にある軽井沢駅、新幹線開業前の旧駅舎は記念館として、現在の駅の隣に移築されている。

現在は、北陸新幹線のE7系、W7系が軽快に山を登ってゆく。

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。

 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル