MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
カフェコムサ(カフェ/池袋)|ご褒美の名にふさわしい花束のパフェ

カフェコムサ(カフェ/池袋)|ご褒美の名にふさわしい花束のパフェ

運ばれて来た瞬間、その美しさに誰もが歓声を上げるマンゴーローズブーケのパフェ。「お客さまに花束をお届けしたい」という、女性パティシエならではの感性が存分に発揮された一品だ。※ランチタイム有

カフェコムサ 池袋西武店(最寄駅:池袋駅)

 マンゴーの果肉を一番底まで贅沢に使い、ほろ苦いキャラメルアイスやクラッシュしたパイを重ねている。途中で味の変化がほしいときは、パッションフルーツとマンゴーのソースをかけるのもオススメだ。この店のパフェはすべてフルーツが主役。フルーツそのものの甘みを贅沢に味わってほしいと、専属のフルーツプランナーが現地に赴き、選び抜いたものを使用している。甘く、美しいパフェに酔いしれよう。

マンゴーローズブーケのパフェ 
1800円

気分が上がる美しきマンゴーの花束。フルーツの美味しさを引き立てるアイスにもこだわっている

長野産ぶどう「ナガノパープル」のパフェ※季節のパフェ(10月まで)
1600円

みずみずしいナガノパープルを皮ごと使用。さっぱりとしたブドウシャーベットとも相性抜群

カフェコムサ池袋西武店

■『カフェコムサ 池袋西武店』
[住所]東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店7F
[TEL]03-5954-7263
[営業時間]10時〜21時(フード20時LO)、日・祝10時〜20時(フード19時LO)
[休日]「池袋西武」に準じる
[座席]2席×8卓、4席×6卓、計40席 /全席禁煙/予約可/サなし/カード可
[アクセス]JR山手線池袋駅東口から徒歩1分

電話番号 03-5954-7263
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。
行き交う人々を眼下に望み、店内へ一歩足を踏み入れると、約100年前から東京駅丸の内駅舎を支えた赤煉瓦の空間が広がっている。当時の面影に思いを馳せてのんびりと過ごせば、心が温まる。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt