MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
創業時からずっと愛されてきたパフェはまるで文化遺産!(カフェ/新丸子)

創業時からずっと愛されてきたパフェはまるで文化遺産!(カフェ/新丸子)

 昭和38年の創業当初から人気を誇るメニュー「プリンローヤル」。主役のプリンは、少し固めに仕上げられ、ほろ苦いカラメルと合わせて口にすれば、どこか懐かしい気分でいっぱいに。※ランチタイム有

喫茶まりも(最寄駅:新丸子駅)

たっぷりの生クリーム、チョコスプレー、ウエハースがのる様はまさにノスタルジックだ。 甘味以外にもメニューが充実しているのは、客の要望に応えていたら、どんどん増えたからだとか(18時以降は甘味と飲み物のみになるので要注意)。特に、女将さんがタレを作るランチの「生姜焼き」(950円)には熱烈なファンも多く、遠方からわざわざ食べに来る客も多いのだそう。 磨き込まれ、大切に使われ続けている椅子やテーブルなども大事に使わなければという愛おしさが湧く店だ。

プリンローヤル
600円

プリンの反対側にはアイスクリームが隠れている

メロンソーダ
500円

クリームあんみつ
650円

自家製寒天と大きくカットされたフルーツが魅力

ナポリタン
750円

喫茶まりも

■『喫茶まりも』
[住所]神奈川県川崎市中原区新丸子東1-785
[TEL]044-422-3570
[営業時間]10時〜21時(20時フードLO)
[休日]無休
[座席]2席×2卓、4席×18卓 計80席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]東急東横線新丸子駅東口から徒歩4分

電話番号 044-422-3570
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
東京で生まれ育った店主の増田さんが、親類のいた熱海で店を構えたのは23歳のとき。進駐軍仕込みのメニューや、当時まだ珍しかったサイフォンのコーヒー、ジャズを流す喫茶店には、三島由紀夫や谷崎潤一郎など文人がよく集まった。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt