MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
創業時からずっと愛されてきたパフェはまるで文化遺産!(カフェ/新丸子)

創業時からずっと愛されてきたパフェはまるで文化遺産!(カフェ/新丸子)

 昭和38年の創業当初から人気を誇るメニュー「プリンローヤル」。主役のプリンは、少し固めに仕上げられ、ほろ苦いカラメルと合わせて口にすれば、どこか懐かしい気分でいっぱいに。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》創業時からずっと愛されてきたパフェはまるで文化遺産!(カフェ/新丸子)の画像をチェック! navigate_next

喫茶まりも(最寄駅:新丸子駅)

たっぷりの生クリーム、チョコスプレー、ウエハースがのる様はまさにノスタルジックだ。 甘味以外にもメニューが充実しているのは、客の要望に応えていたら、どんどん増えたからだとか(18時以降は甘味と飲み物のみになるので要注意)。特に、女将さんがタレを作るランチの「生姜焼き」(950円)には熱烈なファンも多く、遠方からわざわざ食べに来る客も多いのだそう。 磨き込まれ、大切に使われ続けている椅子やテーブルなども大事に使わなければという愛おしさが湧く店だ。

プリンローヤル
600円

プリンの反対側にはアイスクリームが隠れている

メロンソーダ
500円

クリームあんみつ
650円

自家製寒天と大きくカットされたフルーツが魅力

ナポリタン
750円

喫茶まりも

■『喫茶まりも』
[住所]神奈川県川崎市中原区新丸子東1-785
[TEL]044-422-3570
[営業時間]10時〜21時(20時フードLO)
[休日]無休
[座席]2席×2卓、4席×18卓 計80席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]東急東横線新丸子駅東口から徒歩4分

電話番号 044-422-3570
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル