MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
仲卸が選ぶとびっきり美味しいフルーツパフェ(カフェ/末広町)

仲卸が選ぶとびっきり美味しいフルーツパフェ(カフェ/末広町)

Fruits de Saison(フルーフ・デゥ・セゾン)|その時期に一番美味しい、“旬のフルーツ”に徹底してこだわる店。店主の星野郷子さんが見事なカットで盛り付けるのは、仲卸をしているご主人が、熟練の目利きと確かな信頼関係で大田市場より厳選してきたフルーツの数々だ。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》仲卸が選ぶとびっきり美味しいフルーツパフェ(カフェ/末広町)の画像をチェック! navigate_next

Fruits de Saison|フルーフ・デゥ・セゾン(最寄駅:末広町駅)

特に、13〜15種類もの季節のフルーツを一度に少しずつ食べられる「フルーツパフェ」は圧巻。ポンチ部分までさっぱりと美味しい。季節限定の「桃パフェ」は、ヨーグルトシャーベットを使い、素材との相性やバランスに配慮した逸品。旬を味わいに、季節ごとに訪れたいお店だ。

フルーツパフェ、桃パフェ  
1600円、1500円

「桃パフェ」は季節限定品(9月初旬頃まで)。秋以降にはブドウや洋ナシがお目見えする

木苺
800円

甘酸っぱさが魅力のフレッシュジュース。

Fruits de Saison

■『フルーフ・デゥ・セゾン』
[住所]東京都千代田区外神田4-11-2
[TEL]03-5296-1485
[営業時間]10時〜19時(18時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半〜19時(18時半LO)
[休日]水曜日・木曜日
[座席]カウンター5席、3席×1卓、4席×2卓、12席×1卓 計24席※その他テラス席あり/全席禁煙/予約不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線末広町B1出口から徒歩2分

電話番号 03-5296-1485
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
鏡池の眺望がいいテラス付きカフェ。蕎麦好きも満足の味わい深い蕎麦粉のクレープが味わえる。
“浅草にあるブルックリンのカフェ”をイメージ。観光地から少し離れた場所のためか、地元客が多く、日常の延長にあるような気軽な雰囲気が何とも心地よい。
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル