MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ひぐらし|上質な空間でいただく、洗練された料理の数々(和食/中目黒)

ひぐらし|上質な空間でいただく、洗練された料理の数々(和食/中目黒)

駅前の喧噪から少し離れた静かな路地にひっそりと暖簾を出し、今年で3年目を迎えた。広々としたカウンター席を中心とした店内は、大人がくつろげる上質な空間。

ひぐらし(最寄駅:中目黒駅)

店主・藤田さんの手から生み出される料理は、築地で自ら目利きして仕入れる上質な魚を使った刺身をはじめ、長年培われた和食の確かな技で、手間ひまかけて作られた逸品ぞろい。味はもちろん、器やあしらいの細部まで心を配った見た目も実に端正だ。 日本酒のラインナップは定番が12〜13種。食中酒として料理をひきたてるおだやかな味わいのものを多く揃え、それ以外にも季節にあわせて5〜6種類を入れ替える。10月からは日本酒メニューに各蔵の“ひやおろし”も登場する。

新サンマ塩焼き
810円

丸々と太ったサンマをシンプルな塩焼きでいただく。新鮮なキモのほろ苦さと、たっぷりのった脂の甘みがたまらない。

鱧ザクとろろ
750円

松茸の茶碗蒸し
590円

舌に触れればたちどころに溶けてしまうような繊細な口当たり。カツオ節、サバ節、昆布からとる雑味のない上品なダシの風味が、松茸の香りの中にもきわ立っている

伯楽星 純米吟醸
810円

サラリとした米の旨みと喉ごしで、飲み飽きしない旨さ。燗をつけていただくのもおすすめだ。

悦凱陣 純米山廃仕込み
1020円

濃厚な旨みと芳醇なコクを持ち、どっしりとしながらもほどよい酸味でキレも感じさせる。食中酒としても食後酒としても楽しめる。

会津娘 本醸造
700円

まろやかでふくらみのある味わいが、どんな料理にもピタリと合い、盃を重ねたくなる

ひぐらし

[住所]東京都目黒区青葉台1-25-10 AKA1階 [TEL]03-6303-1458 [営]18時〜24時LO 土日祝18時~23時LO [休]不定休 [席]カウンター9席、テーブル12席 計21席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代540円 [交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅から徒歩6分

電話番号 03-6303-1458
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt