MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
辛いを超えた、東京都内の「激辛カレー」 その衝撃に涙しつつも、 食べる手が止まらない

辛いを超えた、東京都内の「激辛カレー」 その衝撃に涙しつつも、 食べる手が止まらない

おと週激辛カレー研究所へようこそ。激辛マニアとの呼び声も高い所長(編集)・武内と、ソコソコ辛いモノ好きな研究員(ライター)菜々山で、都内3軒のカレー店を覆面調査してきたので、ここに報告しよう。

カレーは辛いほど美味しいの!?

 おと週激辛カレー研究所へようこそ。激辛マニアとの呼び声も高い所長(編集担当)と、ソコソコ辛いモノ好きな研究員(ライター)で、都内3軒のカレー店を覆面調査してきたので、ここに報告しよう。

 まず、訪れたのが祐天寺の『カーナ・ピーナ』

 店名を検索すると、予測変換の2番目に「激辛」と出てくるほど、その道では知られた店。

 所長「実は、昨日も食べにきちゃったんですよね〜。今日も“ホット”で」

野菜ベースのインド風。はじけるようなスパイスの香りが印象的!
チキンMサイズホット(辛口) 500円

 カレーの辛さは3段階。私はマトンカレーをセミホットで注文。食べると確かに辛い……が、旨い。カレー自体のコクや香りを味わう余裕も、かろうじてある。

 所長「もしよければ、ボクのもどうぞ」ひと口食べてみると舌に感じるのはスルドい痛み。そしてその直後から涙と鼻水が自然とあふれ出し、思わずハンカチを取り出した。

 ハタからみれば完全にモメてるカップルだろう。イケメンならまだしも……(以下自粛)。

 所長は「辛いけど、やっぱウマいな」と涼しい顔でスプーンを口に運んでいた。






スープカレーを世に広めた『マジックスパイス』も、激辛マニア垂涎の店。

 店員「メニューの中でいちばん辛い『虚空』は青唐辛子が25本入ります」所長「じゃあ、ボクはそれで」

スープカレーの先駆け的存在。スープは甘みとコクがたっぷり!
ポーク角煮 1080円(虚空+270円)

 私は上から3番目の辛さ「極楽」をチョイス。こちらは青唐5本入りだとか。

 ビビリながら食べてみると、あれ? 意外とイケる。

 ただし、所長のをひと口飲んだら、サウナ入った? てくらいの滂沱の汗!

 青唐辛子の辛さは、汗腺に影響を及ぼすという研究結果を得た。






 さて欧風カレーでも激辛を打ち出す店がある。それが『キュリー』

香味野菜とスパイスを煮込んだ、王道の欧風カレー
ポーク(特辛) 1000円

 こちらのカレーはスパイス感や甘み、コクのバランスが絶妙。

 8段階中の7で注文したのだが、欧風ならではのまったり感の中に、キレが出る感じ。ここは激辛好きでなくても、ぜひ足を運んでみてほしい店だ。




 激辛カレーは食べ終わった後に、なんともいえない達成感や爽快感があり、クセになってしまう禁断の食べ物だ。ぜひ、ご自身の舌にあわせてチャレンジを。




今回の記事の店舗情報

カーナ・ピーナ(最寄駅:祐天寺駅)

マジックスパイス(最寄駅:下北沢駅)

欧風カレー キュリー(最寄駅:国立競技場駅)

2016年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
312views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt