MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(6)味も価格も東京に引けをとらない、名古屋の本格江戸前寿司

名古屋エリア限定グルメ情報(6)味も価格も東京に引けをとらない、名古屋の本格江戸前寿司

名古屋には、三河湾という全国屈指の漁場がありながら、名古屋市内には本格的な江戸前寿司をリーズナブルに食べさせてくれる店がほとんどない。 いわゆる江戸前料理のクオリティやコスパの高さでは、それこそ、名古屋にある店が束になっても敵わないのである……。

味も価格も東京に引けをとらない名古屋の本格江戸前寿司/名古屋エリア限定グルメ情報(6)

 たまに東京へ行くと、悔しさでいっぱいになる。

 寿司や蕎麦、天ぷらなどの、いわゆる江戸前料理のクオリティやコスパの高さだ。それこそ、名古屋にある店が束になっても敵わないのである。


 なかでも顕著なのは、寿司だ。

 三河湾という全国屈指の漁場がありながら、名古屋市内には本格的な江戸前寿司をリーズナブルに食べさせてくれる店がほとんどないのだ。
 本当に美味しい寿司を食べようと思ったら、寿司だけで夜の場合、10000円~15000円は覚悟せねばならない。

 庶民にとってはハードルが高すぎるのだ。

 そんななか、食通の知り合いから「良さげな寿司屋を見つけた」との連絡を受けて向かったのが、地下鉄東山線東山公園駅1番出口の目の前にある『鮨 ひがし山』。

 その佇まいから、かなり敷居が高そうに見えるが……。


 白を基調に木の温もりを生かした店内で着目すべきはカウンターの高さ。

 職人が仕事する場と同じにしてあり、目の前で江戸前ならではの細やかな仕事ぶりを楽しめるのだ。

 ネタケースも目の前にあり、その日に仕入れた旬の魚介が並んでいる。

「ネタの大半は愛知県三河湾産です。シャリは岐阜県産のハツシモを使っています」

 そう話す板長の堀込慎也さんは、地元名古屋の寿司店や東京の高級ホテルなどで修業を重ねた大ベテラン。


 ますます値段が気になるところだが、メニューを見せてもらってひと安心。

 おきまり握り鮨「粋」は、握り寿司8カンと細巻1本に先付と茶碗蒸し、椀物、水物が付いて5000円。

 これならお酒を飲んでも10000円でお釣りが来る。

 この日の握り寿司は、手前左から、コチ、甘エビ、平貝、イサキ、イクラ。奥左から、剣先イカ、中トロ、アジ、鉄火巻き。

 どれもネタの一つ一つに丁寧な仕事が施してあり、見た目も美しい。

 口へ入れると、絶妙なタイミングでシャリがほどけて、ネタの旨みと一つになる。もう、全身の細胞という細胞が喜んでいるのがわかるほど旨い!


 ランチは「月替わり小丼」と「本マグロの漬け小丼」、「ばらずし」の3種類から選べる小丼と握り寿司4カン、茶碗蒸し、椀物、水物がセットになった「月替わりランチ」(2000円)を用意。

 写真は、「ばらずし」。握り寿司は日替わりで、この日は左から、コチ、マグロ赤身、甘エビ、太刀魚炙り。ランチといえど、ネタは夜と同じものを使用。これはかなりお得だ。


鮨 ひがし山
愛知県名古屋市千種区東山通5-1 ジュアンドル東山1階/☎052-715-6003/[営]11時半~14時、17時~22時(21時半L.O.)/[休]水、木の昼/[交]地下鉄東山線東山公園駅1番出口すぐ





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
名古屋めしが食べられる居酒屋が数多く建ち並ぶ名古屋駅周辺で、専門店にも負けないと評判なのが、『名駅宴処 花かるた』だ。 緊急事態宣言の発令を受けて、現在は月~金曜日のランチ営業(11時~14時L.O.)のみ営業(土、日、祝日は臨時休業)しているほか、14時半(L.O.)まで店の入り口でテイクアウトメニューの販売を行っている……。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt