MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
パスタじゃなくて”スパゲッティ!”食べある記

パスタじゃなくて”スパゲッティ!”食べある記

パスタなんて小洒落た呼び方、いつから始まったんだ。男は黙ってスパゲッティだろ! という気概を持って(?)男一匹、ライター(池)がパンチ系スパをがっつり食べある記ます!

懐かしの和風スパと再会 スパゲッティ愛覚醒す

かつて高校の美術教師が言っていた。「イタリア人ていうのは、ちょっと想像できないくらいの量のスパゲッティをもりもり食べるんですよ」。
ほー、そうか。真偽を確かめる術はなかったが、以来、スパゲッティはがっつり食べる、と決めたオレである。パスタじゃなくてスパゲッティ。

というわけで、スパゲッティの旅。まずは代々木八幡の『ハシヤ本店』にて「タラコとイカとウニのスパゲッティ」(豪華!)を頼む。

タラコとウニとイカのスパゲッティ 1404円

くー、懐かしい。茹でたて、やや太めのスパゲッティがバターやタラコ、ウニ、イカと和えられている。むちむちした食感、絶妙な相性と絡まり具合。

まだミートソースとナポリタンくらいしか知らなかった学生時分、登場に驚いた〝和風スパゲッティ〟の王道だ。マネをしたくて木のボウル買ったなあ。

大人の男(昭和)の味方は「ロメスパ」である!

お次は「ロメスパ」の元祖、『ジャポネ』である。

ジャリコのジャンボ 750円

ちなみにロメスパのロメは「路傍の麺」の略で路麺、スパはスパゲッティ。
素早く提供すべく、極太の麺をあらかじめ茹で置き、具とともに炒めて調理する。概ねデカ盛りというのも特徴だ。

注文は「ジャリコ」のジャンボ。
熱々から香る炒め醤油風味に、紫蘇の香りやトマトの酸味が◎。うどんのようなツルンとした食感もいいし、具沢山で食べ飽きない。これ、クセになるなあ。



そういえばカフェ系スープスパも懐かしいと思い出し、『ホームズパスタ』へ。

絶望 1200円

小洒落たカフェでボンゴレロッソやペスカトーレを、スプーン片手にクルクルやるのにハマったことも確かにあった。

注文した「絶望」はトマトクリーム系、チーズもとろりとしたスープが今にも溢れんばかり。ピリ辛にガーリック、きのこと細かな黒オリーブがいい仕事。
うーん、スープの最後の一滴までごちそうさま。



仕上げは、ロメスパ進化形とも称される『カルボ』で「カルボ中+塩豚セット(塩豚・味玉・焼きマヨ)」。

カルボ中 700円+塩豚セット 300円

ドーンと熱々で登場のカルボ(ナーラ)はお約束の太めのもちもち麺で、ほどよくカリッと香ばしい。パンチェッタならぬ塩豚はどでかく柔らかく、味玉も旨!
なんかラーメンライクなのもいい。スパゲッティはやはり大盛りに限る!

今回の記事の店舗情報

ハシヤ スパゲッティ 代々木八幡本店(最寄駅:代々木八幡駅)

スパゲッティー&カレーライス ジャポネ

IVO ホームズパスタ 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

スパゲッティストア カルボ(最寄駅:浅草駅)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1094views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20312views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt