MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
有楽町駅前 [東京交通会館] ほろよい美味探訪のグルメ記事!

有楽町駅前 [東京交通会館] ほろよい美味探訪のグルメ記事!

日本酒と銭湯を愛するライター、本郷明美が行く東京交通会館でほろよい美味探訪!なんとも怪しい雰囲気を漂わせる雑居ビル。しかし一歩足を踏み込めば、そこはのんべえたちのオアシス。本誌を代表するのんべえかつサウナや銭湯を愛するライターが、東京の気になる雑居ビルで、はしご酒してきました!

懐かしさを感じるのは横丁の名残 名店揃いの優良雑居ビル

ずっと気になっていました。有楽町駅前、多くの人々で賑わう東京交通会館。けれど、ひとたび地下へ潜ると——。
「な、なんなんだ、このギャップは!?」

スッポンやべっこう、ステッキなど、かなりピンポイントな専門店、庶民的な飲食店が並ぶ、ぐっと懐かしい雰囲気なのです。

ついにここを飲み歩く機会が訪れました! と、その前にひとっ風呂いきましょう。
銀座の『金春湯』は、昔ながらの銭湯そのもの。

女風呂のペンキ絵は、青い富士山と海に浮かぶ船が描かれています。
富士を眺めながら熱い湯に浸かれば、初めの一杯がぐっと楽しみに。

交通会館1階の『大阪百貨店』で、編集の戎さんと待ち合わせ。「生ビール」(480円)でスタートです。

いかやき 390円

たこやき 390円

大阪名物が揃うアンテナショップ「浪花のええもんうまいもん 大阪百貨店」の一角で、「たこやき」、イカを小麦粉と卵でとじて焼いた「いかやき」などをつまみに立ち飲みできる(一部イスあり)。お酒は「生ビール」、「超炭酸角ハイボール」430円。そのほか「鶴橋のキムチ」200円、「豚まん」190円、「蓬莱本館のシュウマイ」450円など、大阪好きにはたまらない!

本郷「ぷは〜っ。美味しいですねえ」
(大阪出身)「お、『いかやき』があるじゃないですか。懐かしいですねえ」
 やさしい味わいの「いかやき」をつまみに、ジョッキを軽く空けていよいよ地下へ——。




目に入ったのは、その名も『交通飯店』という中華料理店。

きくらげ・肉・卵炒め 700円、大瓶のビール 650円

餃子 450円

地下にある、こぢんまりとした中華料理店。カウンターとテーブル席がある。「餃子」450円は、ニンニク抜きの餡。野菜の旨みが凝縮された味わいだ。「きくらげ・肉・卵炒め」700円は、大瓶の「ビール」650円と合う。チャーハンが人気とのことだが、軽く餃子で一杯もいい。この日売り切れだった「手羽唐揚げ」450円も人気メニューだそう。

「餃子にビールでいきますか!?」
「いいですね!」
 店内はほぼ満席。「餃子」(450円)は焼き目もバッチリで美味でした。「きくらげ・肉・卵炒め」(700円)には、「キクラゲが大きくてコリコリですよ!」と戎さんもびっくり。



次は「漁師料理」とある『C』へ。ホヤ好きの私は「天然ほや」(600円)を、戎さんは、鮭の頭をなますにした「氷頭なます」(600円)を注文。

「戎さん、渋い好みですね。これはもう日本酒でしょう!」
「冷酒」(650円)を注文。登場した「天然ほや」に今度は私がびっくり。
「こんな大きなホヤ、初めてです!」



いいお店が続き、すっかりいい気分になって『博多うどん よかよか』へ。

「うどん屋さんなんですか?」
「そうなんですが、見てください!」
 メニューを見れば、たしかに「博多おでん」をはじめ、「じゃこネギ豆腐」「あわびの肝ワイン煮」など一品料理の充実ぶりが素晴らしい。
しかも、スタッフのお兄さんが「ごぼ天どうですか? 揚げたてですよ」と笑顔で勧めてくれる。

ごぼ天 200円

「丸天うどん」600円、「明太子」300円をトッピング。

うどんだけでなく、魅力的なつまみが揃う上に日本酒も充実。グラス数種のほか、冷蔵庫に並ぶ四号瓶単位でも注文できる。「ごぼ天」200円。「おつまみ三種盛」500円。この日はたまり漬けチーズ、まぐろ酒盗、おでん(厚揚)。写真の酒は「穂倉千徳」(グラス)500円。「丸天うどん」600円に「明太子」300円をトッピング。

「『ごぼ天』お願いします! うどんのトッピングが単品で頼めるんですね」
「おお、トッピングの数々がつまみとして浮かび上がってくる!」
 お酒は宮崎の「穂倉千徳」(500円)を注文。コシがあるのにスッキリといい味です。締めに「丸天うどん」(600円)の「明太子」(300円)載せをいただく。

「博多うどんって、ふわっと柔らかいんですね。私、この食感好きです」
「僕も好きなんですよ。締めにいい『やさしいうどん』なんですよね」
 ダシもとても上品。明太子が混ざるとまた、オツな味ですよ。

 いい気分は最高潮となり、女将さんが仕切るカウンターの店へ。聞けば、お母様の代から60年以上も続くそうです。

「もともとこのあたりは『すしや横丁』といって、母がそこで店をやっていたんです。再開発でビルがそこに建つことになり、一帯の店と一緒にここに移ったんですよ」と女将さん。

ああ、当時の名残がビルに移り、そのまま息づいているのですね。
この懐かしい雰囲気は「横丁」だったのです。歴史ある雑居ビルめぐり、癖になりそうです。

今回の記事の店舗情報

大阪百貨店(最寄駅:有楽町駅)

交通飯店(最寄駅:有楽町駅)

博多うどん よかよか 有楽町本店(最寄駅:有楽町駅)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1082views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20268views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt