MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

 デビューから半年、極上の料理とハイエンドなサービスで予約が殺到している、今もっとも旬なグルメ列車だ。乗り降り時にはホームにレッドカーペットが敷かれ、着席すればアテンダントがさり気なく乗客名で話しかけてくる。

西武鉄道 西武 旅するレストラン 「52席の至福」(最寄駅:池袋駅-西武秩父駅)

52席だけに与えられる特別感がたまらない魅力となっている。 料理はシーズンごとに一流シェフが監修する。9月のディナーコースは赤坂など4店舗で独創的な燻製料理を披露し、国内外の食通を唸らせている輿水治比古氏の手によるもの。コショウやオリーブなど調味料まで燻製なのが面白い。メインディッシュの仙台牛のハンバーグに火が通ると、厨房のある車両から香ばしい匂いがかすかに漂ってきて思わずほほが緩んでしまう。 外装・内装のデザインは隈研吾氏が担当。4号車内の天井には、江戸時代から需要の高かった杉など沿線の西川材を用いて、荒川の大らかな流れを醸し出した。日本的なおもてなしの贅に満ちたグルメ列車である。

ディナーコース(西武秩父発のみ)
15000円 ※いずれも西武線1日フリー切符、コース料理、お土産(※ディナーコースのみ)を含む。

料理は、アミューズからデザートまで全6品のコース。写真はディナーコースのメインディッシュ「仙台牛のハンバーグ 燻製とのマリアージュを見つける旅」

スープは花山椒がほのかに香る「たまねぎのヴィシソワーズ」

国内唯一のウイスキー専業メーカーによる「52席の至福」プライベートボトル。(グラス)1200円。シェリー樽の重厚な香りをまずはストレートで

〆に出される「たまごかけごはん 五段活用」には、燻製が施された岩塩、オリーブオイル、白胡麻、黒胡麻、醤油を少しずつかける。味わいが面白いほど変化する

西武鉄道 西武 旅するレストラン 「52席の至福」

[予]2016年12月17日乗車分までを発売中。西武鉄道「52席の至福」専用HPまたは「52席の至福」☎04-2926-2887にて予約(祝日をのぞく火・水・木の9時半~12時半)。1回の予約で2~4名の申し込み。子供料金の設定はなし。 [問]西武鉄道お客様センター ☎04-2996-2888

電話番号 04-2996-2888
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt