MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

 デビューから半年、極上の料理とハイエンドなサービスで予約が殺到している、今もっとも旬なグルメ列車だ。乗り降り時にはホームにレッドカーペットが敷かれ、着席すればアテンダントがさり気なく乗客名で話しかけてくる。

perm_media 《画像ギャラリー》西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)の画像をチェック! navigate_next

西武鉄道 西武 旅するレストラン 「52席の至福」(最寄駅:池袋駅-西武秩父駅)

52席だけに与えられる特別感がたまらない魅力となっている。 料理はシーズンごとに一流シェフが監修する。9月のディナーコースは赤坂など4店舗で独創的な燻製料理を披露し、国内外の食通を唸らせている輿水治比古氏の手によるもの。コショウやオリーブなど調味料まで燻製なのが面白い。メインディッシュの仙台牛のハンバーグに火が通ると、厨房のある車両から香ばしい匂いがかすかに漂ってきて思わずほほが緩んでしまう。 外装・内装のデザインは隈研吾氏が担当。4号車内の天井には、江戸時代から需要の高かった杉など沿線の西川材を用いて、荒川の大らかな流れを醸し出した。日本的なおもてなしの贅に満ちたグルメ列車である。

ディナーコース(西武秩父発のみ)
15000円 ※いずれも西武線1日フリー切符、コース料理、お土産(※ディナーコースのみ)を含む。

料理は、アミューズからデザートまで全6品のコース。写真はディナーコースのメインディッシュ「仙台牛のハンバーグ 燻製とのマリアージュを見つける旅」

スープは花山椒がほのかに香る「たまねぎのヴィシソワーズ」

国内唯一のウイスキー専業メーカーによる「52席の至福」プライベートボトル。(グラス)1200円。シェリー樽の重厚な香りをまずはストレートで

〆に出される「たまごかけごはん 五段活用」には、燻製が施された岩塩、オリーブオイル、白胡麻、黒胡麻、醤油を少しずつかける。味わいが面白いほど変化する

西武鉄道 西武 旅するレストラン 「52席の至福」

[予]2016年12月17日乗車分までを発売中。西武鉄道「52席の至福」専用HPまたは「52席の至福」☎04-2926-2887にて予約(祝日をのぞく火・水・木の9時半~12時半)。1回の予約で2~4名の申し込み。子供料金の設定はなし。 [問]西武鉄道お客様センター ☎04-2996-2888

電話番号 04-2996-2888
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル