MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

店内で目を惹くドライエイジングの熟成庫に猪、雉、鹿などの肉が眠り、出番を待つ。そうして仕上げたベストな状態のジビエ肉がフレンチベースの調理法で供される。

perm_media 《画像ギャラリー》ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)の画像をチェック! navigate_next

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ(最寄駅:中目黒駅)

自家製生ハムやパテなど食いしん坊を唸らせるメニューが並ぶ中、真骨頂はなんといっても炭火焼き。柔らかさや旨みを増した熟成肉が完璧な状態で焼き上がり、その旨さに感激すること間違いなしだ。ワインは300種類以上を用意。特に力を入れる日本ワインとのマリアージュを心ゆくまで楽しみたい。

熟成肉の炭火焼き盛り合わせ
7000円~(2人前)

猪の内モモ肉(左)。取材時はおよそ2週間熟成をかけたもの。鹿ロース肉は熟成庫で約2日かけて水分をほどよく抜き、柔らかさや旨みを極限まで引き出す(熟成期間は肉により異なる)。共にワインの上澄みのオリを使った甘みのあるソースをかけていただく

本日のシャルキュトリーの盛り合わせ
2500円~(2人前)

写真手前の猪バラ肉のベーコン、鹿肉とイチジクのパテ、鴨肉のスモークなど7種類の盛り合わせ

鹿のブーダン・ノワール テリーヌ仕立て
1400円

まるでチョコレート菓子のような美しさ。クセがなく食べやすい

(左)甲州F.O.S.(白)
ボトル 6800円

オレンジワインとも呼ばれるパワフルな味わいの「甲州F.O.S.」は洗練された旨みの猪肉と好相性。

(右)ツガネ ラ モンターニュ(赤)
ボトル 9500円

鹿肉にはメルロー100%の「ツガネ ラ モンターニュ」を。複雑なアロマ、しっかり力強い味がベストマッチ。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ

東京都目黒区祐天寺1-1-1 リベルタ祐天寺B1 ☎03-3793-9090 [営]18時~翌2時(翌1時LO)、日・祝18時~24時(23時LO) [休]月、月1回不定休 [席]カウンター8席、テーブル26席 計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料300円別 [交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札から徒歩9分

電話番号 03-3793-9090
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル