MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。回転寿しトリトン[交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通 東京ソラマチ 6F ※ランチタイム有

回転寿しトリトン(最寄駅:押上駅)

 北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。「北海道には漁港がたくさんあり、時期や場所によって異なる、多くの美味しい魚に出合えます」と言うのは店長の前さん。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。「たこの子」(206円)や「北海たこ頭」(162円)のような、地元でしか食べられなかった珍しいネタも豊富に揃う。特に美味しさに定評があるカニ類と貝類には、舌鼓を打ちたい。

でっかいボタンエビ
681円

「たこの子」はコクのある味わい。名物の「でっかいボタンエビ」は、濃厚な頭の味噌の部分も軍艦で楽しめる。カニの食べ比べは四季を通じてあるが、時期により毛ガニやタラバガニなど、入荷次第で変わる

三種盛り(新物いくら、極上甘えび、旬さんま)
465円

花咲・ずわい 食べ比べ軍艦(ずわいむき身と味噌、花咲かにのむき身)
465円

たこの子
206円

北の勝(300mℓ)
1038円

いももち
141円

 甘辛いタレにバターの香りが広がる人気の品。揚げ時間が少しかかるので、最初に注文する客も

ほたての味噌汁
346円

 ホタテの稚貝の旨みが濃縮された逸品。汁ものは日替わりで貝類とカニ汁など2〜3種類を用意

回転寿しトリトン

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチイーストヤード6階 ☎03-5637-7716 [営]11時〜23時(21時45分最終入店) [休]無休 [席]カウンター24席、6席×8卓 計72席/全席禁煙/カード可/予約不可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通

電話番号 03-5637-7716
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
江戸前寿司を追求する『築地青空三代目』が昨年秋に新店舗をオープン。ここ丸の内店の特徴はなんといってもシャリの二刀流だ。
本店は札幌のすすきのにあり、北海道から毎日直行便で鮮度抜群の素材が届く。こちらの「ばらちらし御膳」、見た目の華やかさもさることながら、ほかではちょっと味わえない贅沢なネタがうれしい。
「対面商売なんだからさ、なるべく楽しく食べてもらいたいよね」。にこやかにそう語るご主人の心意気が溢れんばかりの「うに丼」だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt