MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
天婦羅 あら井(天ぷら/神楽坂)|老舗の天ぷらをカジュアルにいただく

天婦羅 あら井(天ぷら/神楽坂)|老舗の天ぷらをカジュアルにいただく

花街・神楽坂でお座敷天ぷらとして長年親しまれてきた『天孝』。初代は美食家に愛された神田猿楽町『天政』出身。その名門が、本店近くにカジュアルなセカンド店『あら井』を開店した。天婦羅 あら井の[アクセス]は地下鉄東西線飯田橋駅B5出口から徒歩6分

天婦羅 あら井(最寄駅:飯田橋駅)

その名門が、本店近くにカジュアルなセカンド店『あら井』を開店した。2代目の新井均さんは「本物の天ぷらを若い人に知ってもらいたい。また若い人がこの街へ足を運ぶことで、神楽坂という花街で商売をさせていただいた恩返しになれば」と話す。 コースはサラダなどを取り入れ、時代を反映した食べやすい構成に。『天孝』で腕を磨いた職人が目の前で一つひとつ揚げてくれるのだから、この価格でいただけるのはうれしい限り。

昼のおまかせコース
5000円

素材の旨みを最大限に引き出す天ぷらの妙技は天孝のDNA

海老

プリッと身がしまった才巻エビは絶品

穴子

江戸前の素材へのこだわりは強く、カリッと香ばしく揚がった穴子は羽田の小柴産のみ

天婦羅 あら井

■『天婦羅 あら井』
[住所]東京都新宿区神楽坂4-8 神楽坂AGEビル B1階
[TEL]03-3269-1441
[営業時間]17時〜23時(22時LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター12席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅B5出口から徒歩6分

電話番号 03-3269-1441
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
明るく丁寧な接客が評判の天ぷら屋。加藤料理長のモットーは「料理を作るのは、幸せを作るのと同じこと」。
「てんぷら 山の上」で評判の“天ばら”(かき揚げをほぐし、ご飯と和えたもの)を海苔巻きにしたこの逸品は、銀座店のみで購入可能。かき揚げの具材はホタテ、車エビ、季節の野菜。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt